カバンのカビは洗濯機で洗うことができる?知っておきたい5つのコツ!




カバンにカビが生えた時って洗濯機を使ってもいいのでしょうか?

洗濯機でカバンが洗えれば、とっても綺麗になって楽ですよね!

でも、カバンを洗濯機で洗って失敗もしたくない。

お気に入りのカバンなら、なお更ですよね。

今回は、「カバンのカビがある時に洗濯機で洗うべきかどうか?」について、

詳しくまとめてみました。

カバンにカビがある時は洗濯機で洗えるの!?

カバンにカビを見つけたら直ぐにもカビを取りたいですよね!
直ぐに洗いたいのもわかるのですが、5つのポイントがあるので具体的に説明します。

1:カバンにカビが生える原因とは!?

カバンのカビを見つけた時は、まずはカバンを保管している場所が、

湿気が多い場所に保管している可能性が大です。カビは湿気の多い場所を好むので、

カバンの保管場所も再度見直すことをおススメします。

私も湿気の多いクローゼットにカバンをむき出しで保管をしていたので、

何度もカバンにカビを発生させてしまっているんです。

その度にショックを受けています。笑

特にカバンのカビに必要なカバンが「革」のカバンなんですよ!

実は、革のカバンって、カビ菌の餌になる素材なんです。

なので、カバンのカビを見つけたら、直ぐに綺麗にしましょう!

2:カバンが洗濯機で洗えるのか見分ける方法!

カバンのカビを取りたくて洗濯機が全てのカバンに使えるかというと、

じつは「NO」なんです。残念ですが、カバンのカビを取りを失敗しないためにも、

カバンが洗濯機が使えるかどうかを必ず確認することをおススメします!

カバンのカビとりに洗濯機が使えるカバンは

ナイロン素材や布カバンは、ほとんどは丸洗いができるので、洗濯機が使えますよ!

でも、ブランドバッグなどは、洗濯表示を良く確認して下さいね!

ブランドバッグの形が崩れても、もったいないですからね。

私は、ブランドの布バッグは洗濯機は使わずに、念には念を入れて手洗いにしています。

関連記事はこちらをクリック♪

お気に入りの布製のトートバッグにカビを発見してしまいました!お気に入りなだけに、なんとかカバンのカビをとって復活させたいです!カビを発見した時はお気に入りなだけに、本当にショッで。。。今回は、カバンにカビを発見した時の私のカビの落とし方と、

3:カバンのカビを取るのに便利なグッズ!

カバンのカビを取るのに私が使っている物は2つです。

  • アルコールの除菌スプレー
  • ワイドハイター

アルコールの除菌スプレーは、簡単にカビを退治できるんですよ!

おまけにスプレーをカビにひとふきして、直ぐに乾くのでとっても楽なんですよ。

そして、ワイドハイターは洗濯機で洗う時に使います。

ワイドハイターもカビ菌退治に大活躍なんですよ。

私は洗濯機でカビの生えたカバンを洗う時には手洗いコースで洗うようにしています。

今の所、バッグに形も綺麗に維持できています。

2つとも、ドラッグストアーでお財布に優しく手に入るので、助かっています。

4:カバンにカビを発生させない方法!

1:濡れたままにしない!

濡れたカバンをそのまま放置してしまってしまうと、カバンにカビが発生しやすく

なっちゃうんです。カビ菌の好物の湿気があるからなんです。

なので、カバンが濡れてしまった場合は、きちんとカバンを乾かしてから

しまうようにしましょうね!

2:保管場所の湿気対策をする!

カバンにカビを発生しないようするには、カバンの保管場所に気を配る事も

とっても大事です!

私は、カバンのカビの保管場所にはバッチリ除湿剤とスノコを使っています。

湿気は上から下という流れで、下に湿気が溜まってしまうんです。

それをカバーしてくれるのがスノコなんですよ!

スノコは100円均一でも手に入るので、気軽に購入することができますよ♪

5:カバンのカビはコインランドリーは避ける!

カバンにカビを発見した時に、コインランドリーに行ければ、

乾燥までできるので本当に楽ですよね!

でも、コインランドリーは余りカバンはおススメしません。

やっぱり、コインランドリーの洗濯は強力なので、型崩れはできかねません。

なので、カバンにカビができた時は、出来るだけ自宅でカビを取るか、

もしくは、プロのクリーニングにお任せするのがベストな選択です。

まとめ

お気に入りのカバンがカビが発生していたら、ショックですよね!

でも、カビの対処方法がわかれば、慌てずに直ぐにカビも取り除くことができるんですよ。

今回紹介した、カビの保管場所の工夫をしてから、

私はカバンのカビとは決別することができました。

ぜひ、試してみてくださいね。参考になればとても嬉しいです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする