チャーハンがフライパンにくっつくんだけど!!そんな時はこれで解決!




チャーハンはフライパンで簡単に作れる手軽な料理ですよね!

だからこそより美味しく、簡単に作りたいって思いませんか?

漢字で書くと炒飯ですが、その名の通りチャーハンは炒めた飯に味付けをする料理。

簡単なのにフライパンにくっついてしまったり、ご飯がべちゃっと固まってしまったり、

ダマになってしまったり、意外に難しい料理でもあります。

そんなチャーハンを料理初心者でも失敗せずに、美味しく作る方法を紹介します!

チャーハンがフライパンにくっつく時の対処方法!

フライパンにくっついてしまう1番の原因は、ズバリ温度だったんです!

フライパンもテフロン加工の物と、そうでないものがあります。

2種類別にくっつかない方法を紹介します。

1:テフロン加工じゃないフライパン編

テフロン加工でないフライパンの時は、フライパンの温度が低いとチャーハンがフライパンに

くっついてしまうんです。できれば、白い煙が出るくらいしっかりとフライパンを熱してから

油を入れて調理すれば、フライパンにくっつかずにチャーハンを作れます。

また、ごはんと卵をフライパンに入れる前に混ぜてから炒めることで、

お米が卵にコーティングされて、くっつきにくくなるとも言われているんですよ。

チャーハンが作りやすいフライパンはこれ♪

2:テフロン加工のフライパン編!

テフロン加工が剥げてしまっている可能性が高い、フライパンは買い替えも検討しましょう。

テフロンとは「フッ素樹脂」のことで、フライパンが加工処理されているため表面の摩擦力が

低くなりツルツル滑ります。

フライパン自体が傷ついていたりかなり年期の入ったものだと、

チャーハンに限らずどの炒め物をする時にも焦げ付いてしまいます。

そのため、焦げ付きにくいフライパンを使うことをおすすめします

でも、「そんな直ぐにフライパンを買い替えしないわ!」って時は、

チャーハンを作る時にマヨネーズを使うんです!

チャーハンにマヨネーズを入れています。すると、焦げ付きにくいだけでなく、

お米同士がバラバラになりベチャっとしにくくなります。

ぜひ、フライパンへの焦げ付きが気になる方は以上のことをぜひ試してみてくださいね♪

フライパンでチャーハンを作る時のコツって何!?

自宅でチャーハンを作る時に誰でも簡単に美味しいチャーハンが作れたら嬉しいですよね!

そんな、私が自宅でチャーハンを作る時のコツを紹介します!

1:ご飯は温かいご飯を使う!

チャーハンを作る時に、ご飯は「冷たいご飯」という人もいれば、

「温かいご飯」を使うという人もいて、意見が分かれると思うんです。

私の場合は断然「温かいご飯」派なんですよ!

実は「温かいご飯」は初心者がチャーハンを作るのに向いているんですよ!

「温かいご飯」の方が、フライパンの温度を下げることなく、

チャーハンの味や卵が混ざりやすいんですよ。

逆に「冷たいご飯」もいいんです。ただ、私は料理が趣味のレベルなので、

「冷たいご飯」を使うとですね、「冷たいご飯」の水分でだまになってしまうんです!

なので、私は安心安全の「温かいご飯」派なんです。

2:調味料はふちから入れる!

調味料を加える際も、くれぐれも直接ごはんにかけないようにしてくださいね。

フライパンのふちからそっとまわし入れるようにしましょう!

私もお醤油やめんつゆを使ってチャーハンを作るのですが、

醤油やめんつゆのを直接ご飯にかけると、水分なのでベチャっとなっちゃうんですよね。

でも、パラパラチャーハンを作りたくて、お醤油やめんつゆを掛ける時は、

フライパンのふちから回し入れるようにしたら、 べチャット感がなくなったんです!

そして、先ほども紹介したのですが、マヨネーズを油の代わりに使うのも、おススメ♪

マヨネーズを使うとごはんがほぐれてパラっとしやすく、

マヨネーズのコクもプラスされて更に美味しく仕上がります。

3:フライパンでの炒め方にも注意!

 3つ目は、チャーハンの炒め方です。

よくドラマ等では炒める時に中華鍋を持ち上げチャーハンを浮かして混ぜていますね。

以前真似してみた所、大失敗しチャーハンがコンロ回りにかなり散らばってしまいました。

そのため、我が家ではフライパンを持ち上げて格好よく浮かせるのを禁止し、

木ヘラで混ぜるようにしています。

その時に気を付けていることは混ぜすぎないこと。混ぜすぎるとご飯がつぶれてしまします。

そのため、炒める時にはご飯をつぶさないように優しく、焦げないように混ぜています。

また、この時にもフライパンが傷まないために、

木ヘラをなるべくフライパンの底にこすらないよう気をつけています。

そうすること でフライパンも傷むことなく長持ちします。

美味しい料理ができる鉄のフライパンですよ♪

 

まとめ

チャーハンは作る人によって見た目も味もかなり変わってきます。

なので、具材の切り方から味付け、炒め方まで人それぞれです。

ぜひいろんなチャーハンを作ってみて、自分だけの特製チャーハンを見つけてみてください。

おススメの油ではなくマヨネーズを使ったチャーハンにもぜひ挑戦してみてくださいね♪

参考になればとても嬉しいです。