もう夏のお弁当を腐らせない!冷凍ご飯やおかずの冷凍保存はいいの?




気温があがってくると、お弁当が腐らないか心配ですよね。

せっかく作ったお弁当なので、

材料費かかっているので、

腐らせたくないし、もったいないと思うのは私だけでしょうか?笑

特に子供の為に作ったお弁当は、長時間常温のままになるから、

腐らないか本当に気になるし、心配です!

特に夏は衛生面も考えると細心の注意が必要です。

今回は、夏のお弁当を腐らせないため、

めんどくさくならないための手間を最小限にする方法を紹介します!

スポンサーリンク

もう夏のお弁当を腐らせない簡単な方法とは?

  1. 温かいおかずは、冷めてからお弁当に入れる!
  2. 火を通したおかずをいれる!
  3. おかずは種類ごとに仕切るのがベスト!
  4. 保冷バッグ&保冷剤を使おう!
  5. お弁当箱の水分をしっかりふきとる!
  6. お弁当用の抗菌シートを使おう!

私は、夏のお弁当を腐らせない為に、☝に紹介した方法をしています。

詳しく説明していきたいと思います。

まず1番目は、温かいおかずと、冷めたおかずを一緒に入れると水分がでてしまうので、夏のお弁当を腐らせない為にも、水分が大敵になるので、注意しましょう!

2番目は、生野菜や練り製品を入れるのはやめましょう!夏場は特にお弁当に入れるのは避けた方が良いです!

3番目は、違う種類のおかずを仕切らないで、
お弁当に一緒に入れると、おかずが腐ってしまう原因になります。
なので、おかずは種類ごとに、アルミカップや、シリコンカップで、
しっかりと仕切りをしてお弁当に詰めるのがおススメです!

4番目は、おススメの保冷材の私の使い方ですが、お弁当の容器の上に保冷剤を置いてバンドで止めたり、お弁当の容器の横にも保冷剤をあててバンドで止めます。

固定がしっかりできるので、バンドを使うのがおススメです!

バンドがない場合は、輪ゴムでも使えます!
しっかり保冷剤が固定ができて良いですよ!
私は子供がお弁当もかなり雑にに扱うので、

しっかり保冷材を固定するようにしています!
そして、保冷バッグに入れるようにしています。
もし、保冷剤がない場合は小さいペットボトルを凍らせて保冷材の代わりになります!
ただ、ペットボトルを凍らせた場合は必ず保冷バックに入れた方がいいです。
他の荷物がぬれてしまうので。
ただ、このペットボトルを凍らせてお弁当を持っていくのは、、子供には荷物になって
不向きなので気をつけて下さいね!

5番目は、おかずをお弁当箱に詰める前に、お弁当箱の中に水分が残ってないか、
チェックしてから、おかずを詰めましょう!
水分が残っていると、お弁当が腐る原因になるので、
お弁当箱の水分は要チェックです!
水分は、お弁当のとっては大敵です!笑

6番目の抗菌シートは、100円均一でも売ってます。
私も100円均一で買いました!
お弁当の上に置くだけなので、とっても楽です!笑

スポンサーリンク

夏のお弁当に冷凍ご飯は入れて大丈夫?

夏のお弁当に冷凍ご飯を解凍してから入れるのは大丈夫です。

私は冷凍ご飯をそのままお弁当に入れると勘違いしていました。笑

実はとっても間違っていたんですね。。。

冷凍のご飯を電子レンジで解凍して、冷めたらお弁当に入れましょう。

解凍した冷凍ご飯を冷めないうちにいれると、

お弁当箱に水滴がついてしまいます。

お弁当が腐る原因を作ることになるので、

必ず解凍したご飯を冷ましてからお弁当箱にいれましょう!

もし、職場に電子レンジがあれば、

冷凍したままのご飯をお弁当箱に入れて、持っていても大丈夫ですよ。

炊き立ての風のご飯を食べる事ができます!

私は、夏のお弁当のご飯は、

起きたら直ぐに、冷凍ご飯を電子レンジで解凍して、

直ぐ冷ますように作業を1番にしています。

家をでる頃には、解凍したご飯は冷めていますよ!

「待つ」と言う手間は掛かってしまいますが、

衛生的に安心、安全です!

夏のお弁当にのおかずは冷凍保存の物は入れていい?

おかずの味はともかくとしても、

夏のお弁当のおかずに冷凍保存してある物は、
いれても大丈夫です!

ただし、加熱してあるおかずを冷凍保存した物を使う事になります!

市販で売っている、冷凍保存のおかずを入れるのは、

簡単でとっても楽です!

しかも、種類が豊富で味も最近の物は美味しいです!

衛生面においても、自然解凍で食べられるおかずは

他の冷凍食品に比べると、きちんとした衛生管理で作って売られているので安心です!

味付けも特別な工夫がされているので、美味しいですよ!

野菜は特に注意して下さいね!

野菜を料理⇒冷凍⇒自然解凍で食べるのはおススメしません!

市販で売っている、冷凍野菜は私達が普通に料理して冷凍しているやり方ではなく、
特別な方法を使っているので、美味しく食べる事ができます。

なので、自宅で料理した野菜を凍らせた物は、

夏のお弁当のおかずとして入れるのは、

避けてくださいね!

まとめ

これから、気温が一気に上がってくる季節になりました!

家族の健康の為、自分の健康の為に、

ちょっと手間かもしれませんが、

夏のお弁当を腐らせない為にしていきましょう!

ズボラな私にもできているので、

アレンジしながらやって見てください!

少しでも参考になればとても嬉しいです!

Have a good time!

スポンサーリンク