カブトムシの飼育はベランダでもできる?簡単に置き場所も作る方法!




小学生の息子が夏になると、カブトムシを近所で見つけて、

家でカブトムシの飼育をしたがります。

我が家は賃貸アパートでできれば、

カブトムシの飼育をベランダでしたいと思っています。

でも、カブトムシの飼育はベランダでしていいの?

カブトムシを飼育するには、どこに置くのがいいの?

今回は、カブトムシの飼育をベランダでする方法と、

誰でもできる!カブトムシのベランダでの置き場所を作る方法を紹介します。

カブトムシの飼育はベランダでしていいの?

  • 国産のカブトムシの飼育はベランダでできます!

国産のカブトムシであれば、常温で飼育が可能なんです!

これは、カブトムシの飼育をべランダでしたい私には本当にありがたい!

そして、カブトムシは夏の昆虫のなので、

ある程度の暑さには耐える事できる昆虫なんです。

なので、必ずしも室内でクーラーが必要ってわけではないんですよね!

夏のベランダは暑いですが、カブトムシの飼育はベランダでも

十分可能だということがわかって一安心です!

カブトムシのベランダでの飼育する際の4つのポイント!

カブトムシをベランダで飼育する時は、注意しなければならない、

4つのポイントがあります!

各ポイント別に説明していきますね!

1:カブトムシ用のケースを飼って飼育する!

私は、100円均一で夏近くなると昆虫飼育用のケースが売り出されるので、

100円均一で購入しました。

最初はカブトムシ1匹に対して、1番小さめの飼育ケースを買ったのですが、

なんとなく、カブトムシの餌を入れると、カブトムシが窮屈そうに見えて、

中ぐらいのサイズの飼育ケースに買い換えました。

実際、中ぐらいにサイズに変えて正解でした。

カブトムシの餌も邪魔にならないで、カブトムシの動きがよく見えるようになったんです!

なので、カブトムシ用のケースは小さいめよりも大きめをお勧めします!

ちなみに、この飼育ケースであれば、コバエもよってこないので安心ですよ♪

 

2:ベランダでもひなたに置かない!

カブトムシは寒暖差が大きいと死んでしまいます。

そして、直射日光にもカブトムシがあたると死んでしまいます。

なので、カブトムシをベランダで飼育する時には、

できるだけ、直射日光があたるひなたは避けて、日陰で買うようにしましょう!

そして、専用ケースの蓋は必ずしてあげてください。

専用ケースの蓋も影を作る役割をしてくれるので!

もし、ベランダに日陰がない場合は、日陰を自作しましょう!

私も、日陰を自作しました!

3:雨がケースに入りそうな場所にも置かない!

カブトムシは水にも弱い昆虫なので、

ベランダでも雨の日には気をつけてください。

飼育ケースに雨が入り込んで、水がたまってしまうと、

カブトムシが溺れて死んでしまう可能性もあるからです。

なので、雨が強い日や、台風の影響で大雨の時は、

カブトムシは家の中に入れてあげるのが、1番安全で安心です!

せっかく家にきたカブトムシなので、守ってあげましょう!

4:ケースの土やマットの乾燥にも気を付ける!

カブトムシは乾燥に弱い昆虫でもあります。

短期間の乾燥なら耐えてくれますが、

長期間の乾燥は耐えれません。

なので、たまに霧吹きなどで、飼育ケースに入れる、

マットや、土を湿らせてあげましょう!

マットや土の表目だけではなく、中まで湿らせてあげるのが、

ポイントです!ビショビショにはしないように注意しています。

余り、湿らせすぎてもコバエなどがわくので注意してくださいね!

私は心配性なので、週1回しています。笑

関連記事はこちらをクリック♪

カブトムシが採集ができる時期がきましたね!夏の風物昆虫のカブトムシ。自宅で気軽に気軽に飼えるのも魅力!そんなカブトムシの飼い方で必要な餌って知っていますか?そして、カブトムシの飼い方での適した場所も知っていますか?
カブトムシのメスって潜ることが本当に多いですよね。我が家では毎年夏、カブトムシ採集にいきます。カブトムシのオスとメスが両方とれることはなくて、メスだけの時が比較て多いです。そして、カブトムシのメスは夜はガンガン元気なんですよ。

カブトムシのベランダでの置き場所はどうする?

私は、100円均一のスダレをカブトムシ専用ケースに直接覆いかぶせました!

我が家のベランダは西向きです!

なので、午前中は日陰なのですが、

午後になるにつれて、ベランダに日が当たります。

また、西日はとても眩しいし、暑いんです!

そして、ベランダには午後には日陰はありません。

なので、日陰を自作する方法を考えました。

カブトムシをべランダで飼育したかったので、

私はすだれを100円均一で1番小さいサイズを買いました。

そして、ベランダにすだれを掛ける場所がないので、

段ボールの上に飼育ケース置いて、

とってもざっくりなやり方ですが、直接すだれを飼育ケースの上にに掛ける事にしました。

それでも、ちゃんと日陰になりました!笑

見た目はかなり変ですが、

子供が飼育に飽きて、自然に戻す2週間ちょっとはそうしています。

雨の日は、段ボール事、室内に移動するので、ベランダも汚れることはありません。

すだれも、1番小さいサイズを買うので、

カブトムシの飼育が終わったら、丸めておけるので、そんな邪魔にならないし、

また来年も使うことができるので、意外と経済的ですよ!

これは便利♪飼育入門セットです!

 

まとめ

小学生の低学年の男の子は本当に、昆虫が好きですよね!

我が家では、夏の時期になると、カブトムシ以外にも

昆虫を捕まえてきます。

なので、私もビックリすることが多いのですが、

一時的な事なので、上手く付き合ってあげれたなと思っています!

是非、1度試してみてください!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good summer!