サクッとわかる!ラッシュガードの子供の為の選び方!サイズを紹介!




ラッシュガードを子供の為に買おうと思うけど

ラッシュガードも長袖タイプや、半袖タイプ、

パーカー付き、ジッアップや、可愛いデザインの物もあって

ラッシュガードもインターネットで見てるだけでも、

沢山のの種類があるので、

どれを選んでいいいのか、迷ってしまいます。。。

今回はさくっとわかる!ラッシュガードの子供の為の選び方や、

ラッシュガードのサイズの選び方の子供用の場合を紹介します!

ラッシュガードの子供の為の選び方は?

  • ラッシュガードは長袖がおススめ!
  • ジップアップはなくてもいいけど、あれば楽!
  • 裏起毛のラッシュガードがお勧め!
  • ラッシュガードのフード付はお勧めしません!

「ラッシュガードは長袖がお勧め!」ですが、

ラッシュガードも、長袖や半袖があります。

私のおススメはやっぱり長袖です。

私は、長袖、半袖を2種類もっているのですが、

ラッシュガードを子供の為に選ぶのであれば、

長袖がおススメです!

理由は、子供が長袖のラッシュガードを着ている時の方が、

寒がらないからです。

我が家では、ラッシュガードを子供に着せる理由は、

日焼けではなくて、体の保温の為なんです。

上半身だけでも、直接肌に水に触れる場所が少なければ、

凄く水が冷たいと寒く感じる事が減るからなんです。

そして、寒さを感じる事が減る分、長時間プールや海に入っている事ができます!

我が家の息子も海、川、プールが大好きです!

1日行ったら、休む暇もなくプールや海に入り続けます!

長袖ラッシュガードのお陰で風邪も引かずに元気に過ごすことができます!

ラッシュガードを長袖を着ているから、

海やプールからでた後は、濡れているから寒くないの?って思うかもですが、

ラッシュガードの素材って実が凄く、乾きやす素材なので、

海からでてきて、しばらくそのままでいでも大丈夫です!

「ジップアップはなくてもいいけど、あれば楽!」ですが、

我が家にある子供の為に選んだラッシュガードは、

ジップアップは無しです。

なので、着せるのにはちょっと大変です。

とにかく体にはちょうどいいのに、頭を入れるのに苦戦するので、

子供一人ではとても着れません。笑

そして、脱ぐ時も頭がひかかってほんの少しだけ手間がかかります。笑

ジップアップがあれば、脱ぐのも、着るのも楽になると思います!

でも、ジップアップはなくても、問題はないです!

「裏起毛のラッシュガードがお勧め!」ですが、

裏起毛のラッシュガードです。

私も自分用に1枚裏起毛のラッシュガードを持っていて、

体感温度が全然水の中に入った時に違うんです!

なので、ラッシュガードも子供の為に選ぶ時も裏起毛の物にしました。

子供の長時間水の中にいても、とっても快適に過ごしています!

 

「ラッシュガードのフード付はお勧めしません!」ですが、

ラッシュガードを子供の為に選ぶ時は、

フード付きは残念ながらおすすめしません!

首に巻き着いたりしないように、子供の安全を守るために

フード付きは私は余りおススメしません。

ラッシュガードのサイズの選び方は子供用はどうする?

  • メーカーによってはワンサイズ大きめがおススメ!

ラッシュガードのサイズの選び方は子供の場合は、

ワンサイズ大きめを私は買っています。

私は最近はインターネットでほぼ買い物をしています。

本当は、実際にラッシュガードを見に行くのがいいですけど、

面倒なので、インターネットで評価やコメントのサイズ感をよーく読んでから、

買うようにしています。笑

総合評価をよく読むと、ラッシュガードの事に詳しく書かれているので、

イメージする事ができるので、おススメです!

ワンサイズ大きめでも、伸縮性があるラッシュガードであれば、

ワンサイズ大きくても、全然気になりませんよ!

まとめ

ラッシュガードは夏の海やプールでは必需品になりました!

ラッシュガードは1枚に子供の為に持っていても、

損はないと思います!

子供も寒さを感じる事が少なくなって、

思いっきり夏の海やプールを楽しめると思います!

楽しい夏の思い出を作るために、

ラッシュガードの子供の為に選び方が参考になれば、

とても嬉しいです!

Que tenga buen verano!

関連記事を書きました。良かったらのぞいて見てください。

先日、子供のお気に入りの浮き輪の空気が抜けることがわかりました。去年買ったばかりで、まだ数回しか使っていない浮き輪です。子供も悲しがりましたが、親としてもせっかく買ったのにショックでした。子供も私も気に入っている浮き輪だったので、そこで何とか治して今年の夏だけでも使いきってあげたいと考えました。