車のシートにコーヒーをこぼしちゃった時の解決方法は!?染み抜きや臭いを取る方法は!?




車でのお出かけのとき、コーヒーを飲む方は多いのではないでしょうか?車の運転中は、思わぬ振動で手元が不安定になることも多々あります。私もその1人です。そんな時コーヒーをこぼしてしまったら、焦りますよね!

だって、「コーヒーは直ぐにシミなってなかなかとれない!」って聞きますもんね。そして、車のシートにシミができて、臭いもついてしまう可能性もあるからです。今回は、車でのコーヒーのシミを取る方法と臭いの取り方を紹介します!

コーヒーの染み抜きは車の場合はどうするのがいい?

コーヒーは色が濃く、においもある飲み物です。

もしもこぼしてしまったら、

シミになって目立ってしまいますので、

できるだけきれいに取り除きたいですよね!
そこで、コーヒーをこぼしたときの染み抜きの方法についてご紹介します

1:ウェットティッシュで直ぐに拭く!

コーヒーをこぼしたら、

まずはすぐにウェットティッシュで拭き取ってください。

こぼした直後なら、拭くだけでもかなりの効果があります。

2:濡らしたタオルやハンカチで拭く!

すぐに拭けずにシミになってしまった場合は、

それほど時間が経っていなければ、

水で濡らして絞ったタオルやハンカチでも対応できます。

拭き取る際には、こぼしたコーヒーがそれ以上広がらないように、

外側から内側にむかって拭き取るようにすると、

シミがそれ以上に広がらないようにするこができます。

蒸しタオルを用意できれば、なお効果的です。

熱で汚れを浮かせてから、乾いたタオルで拭き取るようにしましょう。

乾いたタオル単体では、あまり汚れは取れません。

出来るだけ濡らしたタオルを使ってください。

スチーム洗浄機をお持ちでしたら、スチームの蒸気で汚れを取ることもできます。

3:中性洗剤を使う!

車の中でこぼしたコーヒーや食べ物、お醤油には実は中性洗剤も有効だったりするんですよ!

中性洗剤の代表は、食器を洗う洗剤の台所にある洗剤です。

これは、どこの家庭にもある物なのでわざわざ買う必要もないからいいですよね♪

水で濡らしたタオルや布巾にコーヒーをこぼした箇所に中性洗剤を馴染ませていきます。

コーヒーや調味料が広がらないように、外側から内側にゴシゴシではなくて、

ポンポンと叩きながら馴染ませていくのがポイントです。

この時に、濡れた布巾やタオルは水分が多めの方が良いです。

そして、最後に乾いた布で水分を吸い上げるようしています。

この時も、乾いた布で水分を吸い上げるのがポイントなので、ゴシゴシしないでください。

4:酸素系漂白剤を使う!

時間が経ったシミの場合は、酸素系漂白剤を使いましょう。

漂白剤を水で薄めたものをタオルにつけて、

シミの外から内に向けて拭いていきます。

そして、濡らして固く絞ったタオルで、

叩くように汚れを拭き取ります。

最後に乾いたタオルで拭き上げて完了です。

作業後は換気をして、乾かします。

酸素系漂白剤を使うメリットは、血液のシミにも有効なんですよ!

子育て中の場合、子供の突然の鼻血や怪我をして足に血液がついていて、

車のシートにつくこともありますよね!

そして、粉ミルクや牛乳をこぼした時なども

酸素系漂白剤で車のシートを綺麗にするのに役立ってくれます。

血液や粉ミルクなどはタンパク質なので、酸素系漂白剤が良くとれるんです。

たんぱく質の汚れは、お湯を使うと固まってしまうので、

お水で車のシートの汚れを取るようにしてください。

⇩プロモ使っている、業務用のルームクリーナー!これなら時短にもなって、とっても簡単♪

 

5:シートを洗う!

以上の方法で取れないシミの場合は、

シートを洗うという手段もあります。

ネジをのければ、車のシートは取り外せます。

シートを水洗いしたら、2日間ほど日光に当てて乾かします。

十分に乾かせていないと、カビが生えてしまいますのでご注意ください。

シートを洗うのは手間がかかるのが、

デメリットですが、手間がかかるぶんスッキリと

コーヒーのシミを取ることができちゃいます!

6:フロアマットを洗う!

もし、車のフロアマットにコーヒーをこぼしてしまった場合の

フロアマットの洗う方法を紹介します。

フロアマットを洗う時にとっても大事なのは、天気なんです。

フロアマットは直ぐに乾かないので、やっぱり晴れの日に洗うのが断然乾きが早いです。

①天気の良い日に、フロアマットに掃除機をかけて、水でフロアマットを濡らします。

②中性洗剤をつけてブラシでフロアマットをゴシゴシ洗う

③水でフロアマットをきれいにすすぐ

④天日干し

この4工程でフロアマットを洗うとすっきりきれいになるんですよ!

高圧洗浄機などがあれば、時短にもなるし更に綺麗にフロアマットになります。

でも、高圧洗浄機がなくても車のフロアマットは綺麗になるので、安心してくださいね♪

コーヒーをこぼしてしまったら、できるだけ早く対応するのがポイントです!

時間が経てば経つほど、汚れは落ちにくくなってしまいます。

⇩関連記事です。よかったらのぞいてみてください!

車のシートの隙間の掃除ってどうしていますか?車のシートの小さいほこりや砂って本当にとりにくい!そして子供がいるとお菓子をボロボロこぼすんですよね。本当に、車のシートの隙間って掃除しにくいんです。「どうしたら簡単に掃除できるので?」
車の芳香剤って意外に早くなくなってしまいませんか?夏だと余計に車の芳香剤の減りが早く感じちゃうんですよね!できれば、せっかく買った車の芳香剤を長持ちさせたいですよね!そして、何度も買いに行くのは面倒くさいですよね?

車の中でコーヒーをこぼした時の臭いを取る方法は?

コーヒーの臭いの取り方をご紹介します。

コーヒーを車の中でこぼしてしまうと、

臭いも残って気になるんですよね!

そんな時にサクッとできる、臭いを取る簡単な方法を説明しますね!

1:消臭スプレーを使う!

1番、簡単で楽なのは、やっぱり消臭スプレーです!

テレビCMで見かけることも多いので、

皆さんご存知だと思います!

使う時には車のドアを開けておくと、より効果的です!

2:重曹を使う!

重曹と水を混ぜたものにタオルをつけて、よく絞ります。

そのタオルで汚れた部分を拭き、重曹を散布します。

少し置いてから、もしくは1日置いてもOKです。

その後、重曹を掃除機で吸い取り、仕上げに固く絞ったタオルで拭き上げます。

作業後は、換気をしてよく乾かしましょう。

3:車のシート専用の消臭グッズを使う

車のシート専用の消臭グッズを使う方法もあります。

シートの下に置いて使う消臭剤で、目立たない場所に置けるのが魅力的!

メーカーによっては、無香や香り付きのもの、

タバコ用のものもありますので、

好みに合わせて選ぶことできるので、

とっても簡単にコーヒーの臭いを取ることができちゃいます!

⇩車のシートに置くだけでとっても簡単に除菌・消臭ができちゃう♪お得な特大サイズ!

まとめ

コーヒー好きな人にとっては、車でもコーヒーは欠かせないですよね!もし、コーヒーを車のシートにこぼしてしまった時は、早く対応すれば、手間もかからずに、車のシートについたコーヒーが染みにならなくて済みますよ!

でも、もし直ぐに対応できなくても、今回紹介した方法であれば後でも、車のシートやフロアマットをきれいにすることができます。ぜひ、1度試してみて頂けたらと思います。参考になればとても嬉しいです!Have a good day!

⇩関連記事を書きました。良かったらのぞいて見て下さい!

私が住んでいる静岡県西部は車社会です。なので、車は大事な移動手段です。外が雨で、いつも通り仕事に行くために駐車場に行くと、車の窓が少し開いていて、車の中をを見ると、車のシートが雨で濡れていました。おまけに、車のシートが雨でぬれた為に、 車内が臭いじゃないですか!! ダブルでショックで凹みました。。。その時は、どう車のシートを乾かしていいのか、全くわからず困った事ありまます。 私が過去数回車の窓を開けっ放してしまったのは、後部座席。。。凄く気をつけているつもりでも、車の窓を開けっ放しにしてしまう事ってあるんですよね。。。今回は、車のシートが雨に濡れた時に直ぐに対処ができる方法を紹介します。