Suicaはペンギンなのはなぜ?グッズは東京駅でも買える?




suicaはペンギンのイラストってとっても可愛いですよね!
でも、suicaはペンギンなぜペンギンなんでしょか?そんな素朴な疑問がふと湧きました。

suicaのペンギンはもともとは絵本の中に住んでいるペンギンなんですよ。
今では日本一有名になったペンギン。このsuicaのペンギンのグッズも凄く人気があります。
今回は、suicaはペンギンなのはなぜなのかを調べてみました。

Suicaのペンギンはどうやって誕生したの?

suicaのペンギンは絵本の中に存在しているペンギンです。

suicaのペンギンの原作者で絵本作家の坂崎千春さん。

suicaのペンギンの元になった本は、坂崎千春さんの「ペンギンゴコロ」という絵本のペンギンなんですよ。

この本は、1998年に出版されていて、suicaのキャラクターになる前から存在しいていたペンギンなんですね!実はsuicaのペンギンは誕生してからもう20年以上になんですよ。suicaよりも長い歴史を持っているペンギンなんです。これには私もビックリしました!

Suicaのペンギンのイラストを描いた坂崎千春プロフィール

ここで坂崎千春さんのプロフィールを紹介します。

名前:坂崎千春(さかざき ちはる)
生年月日:1967年12月29日
出身地:千葉県市川市
職業:イラストレーター・絵本作家
最終学歴:東京藝術大学卒業(とうきょうげいじゅつだいがく)

坂崎千春さんのイラストって実は、suicaのペンギンだけじゃないんですよ!

他にも有名な作品は、ダイハツの軽自動車の「ムーブコンテ」のキャラクターの「カクカク・シカジカ」や千葉県のマスコットキャラクターの「チーバくん」、隔月刊誌「Ku:nel」のキャラクター「クウネルくん」のイラストも坂崎千春さんのイラストなんですよ!

どれも、癒し系のキャラクタでインパクトに残っていますよね!どれも、私は好きなイラストです。癒される感じがいいんですよね。実は私達は、坂崎千春さんのイラストを良く目にしていたんですね。

Suicaはペンギンなのはなぜ?

suicaのペンギンは、誕生してからもう20年以上たっています。そして、suicaは2001年に始まったサービスなので、suicaのペンギンはsuicaのキャンペーン用のペンギンではないんですね。「じゃあ、suicaはペンギンなのはなぜ?」って疑問ですよね?それは、最初はsuicaのペンギンはPR用の宣伝で使われたんです。

そして、suicaにそもそもペンギンを起用した理由も、寒い国に住んでいるペンギンは果物のスイカ(西瓜)を知らないので、suicaもサービスを始めたばかりで、お客様に知れわたっていないサービスなので、ペンギンをお客様に見立てて、スイカをsuicaというサービスを知ってもらうためにペンギンをPR用の宣伝に起用したそうなんです。

そして、このPRのペンギンが好評だったので、suicaのキャラクターがペンギンに決まっていったいうわけなんです。この発想が私は面白いと思いました!

ちなみにsuicaのペンギンは南極に住んでいる「アデリーペンギン」だそうです。

Suicaのペンギングッズは東京駅でも買える?

suicaはペンギングッズは東京駅で確実に買う事ができます。以前は、suicaのペンギングッズの専門店があったのですが、今は残念ながら閉店してしまっています。でも、最近はsuicaのペンギングッズは東京駅以外でも買えるんですよ♪

インターネットでも買えるので、ご安心ください。

https://www.jreast.co.jp/suica/suica_penguin_goods/

もし、suicaのペンギングッズを東京駅で買うのであれば、私は「東京駅グランスタ」で買われることをおススメします。suicaのペンギングッズの種類が沢山あるからなんです。

自分用の可愛いグッズを買ったり、家族や友達、会社用のお土産も買えるので、選ぶだけでも十分ワクワクして楽しめるので、suicaのペンギングッズを東京駅で買うのであれば「東京駅グランスタ」へGOです♪

「東京駅グランスタ」のホームページです。

https://www.tokyoinfo.com/

suickaのペンギンの手帳もあるんでよ♪

まとめ

suicaはペンギンはなぜかという理由がわかっていただけかと思います。
宣伝を考える方の視点って私が普段考えている視点と全く違うので、凄いなと思いました。

そして、今では日本一に有名なペンギンになった坂崎千春さんのイラストにとっても癒されます。今後も色んなsuicaのペンギングッズが増えていくと思うので、東京駅に行く度に私は、「東京駅グランスタ」に必ず寄ろうと思います。参考になればとても嬉しいです。