浮き輪の空気抜きを簡単にする裏ワザって!?片付け方と畳み方を紹介!




だんだんと、暑くなってきましたね!

夏というと我が家では海水浴!

毎年、欠かさずにどこかの海に海水浴に行っています!

海水浴に欠かせない物の1つが、浮き輪!

浮き輪があると海を数倍楽しめちゃいますよね!

ですが、「浮き輪の空気を抜くのって時間がかかる!」

だから、裏ワザとかあったら楽ですよね!

今回は、浮き輪の空気抜きを簡単にする方法と、

浮き輪の片付け方法や畳み方を紹介します!

浮き輪の空気抜きの簡単な裏ワザとは!?

浮き輪の空気抜きを簡単にすると

本当に時短になるので、

サクッと自宅に帰れます!

浮き輪の空気抜きの裏ワザのポイントは3つです!

1:ストローを使う!

ストローを使うととっても簡単に

浮き輪の空気を抜くことができちゃうんです!

ポイントは、細めのストローです。

そして、ストローを空気の入れる場所に刺すだけす!

そして、放置をする!

たったこれだけ浮き輪の空気抜きを簡単できちゃいます!

5分位時短ができちゃうので、

ストローはとっても優秀です!

動画もありました!

参考にしてみて下さいね!

2:結束バンドを使う!

結束バンドも実は優秀で、

浮き輪の空気抜きを簡単にできるんです!

使い方は、ストローを差し込む方法と全く一緒です!

この結束バンドを使って浮き輪の空気抜きをする方法は、

おもちゃ屋さんでもやっているやり方です!

結束バンドも100円均一で買えるので、

直ぐに手に入れる事ができるので、

浮き輪の空気抜きにはもってこいです!

3:空気入れを逆に使う!

もし、空気入れが自宅にあれば、

空気入れのホースを逆に使えば、

浮き輪の空気抜きを簡単にしてくれます!

「空気を入れる⇔空気を抜く」

逆の原理にするだけです!

でも、私は空気入れのホースを逆に差し込むのが

面倒なので、ストローを指すだけの方法をしています。笑

浮き輪の片付け方法と畳み方は?

海水浴に行ったのはいいけど、

浮き輪を片付けるのって面倒だったりします。

でも、保管をしっかりすると何年も持ってくれるんです!

では、浮き輪の片付け方法と畳み方を紹介します!

1:浮き輪は空気を入れたまま保管できる!

浮き輪って「空気を抜く物」って

ずっと私は思っていました!

ですが、実はそうでもなくて、

部屋にスペースがあれば浮き輪を

空気を入れたまま放置も可能なんです。

空気を入れたまま放置のメリットは、

夏の暑さで浮き輪のビニールがくっついてしまって、

浮き輪が破れることを防ぐ事ができちゃうんです!

我が家はスペースがないので、

浮き輪の空気抜きをしますが、

部屋にスペースがあれば、

浮き輪は空気を入れたままの保管でも問題ありません!

2:水洗いする!

浮き輪についた海水を洗い流さないと、

浮き輪がベトベトしちゃうんです!

なので、帰宅したら中性洗剤で軽く浮き輪を洗うと、

海水がとれて便利ですよ!

ちなみに私は、食器洗い用洗剤を使って浮き輪を洗っています。

面倒ですが、思ったよりも簡単ですよ!

3:陰干しする!

浮き輪ってビニール製品になるので、

直射日光にあてて乾かすと、

直ぐに傷んで、浮き輪に穴が空きやすくなっちゃうんです。

なので、浮き輪を干す時は、

できるだけ、陰干しにするのがポイントです!

4:ベビーパウダーを振りかけて、畳む!

陰干しした乾いた浮き輪を畳む時に、

ベビーパウダーを浮き輪に振りかけて畳むと、

浮き輪のビニールがくっつかなくて

綺麗に畳むことができますよ!

浮き輪のビニールがくっついてしまうと、

浮き輪がやっぱり破れやすくなっちゃうんです。

なので、ベビーパウダーを浮き輪に振りかけて、

浮き輪の端から丸めていくと、

空気もしっかり抜けるし、コンパクトになっちゃいます!

ベビーパウダーがなくて、

「小麦粉でも代用できる?」と思っちゃうかもしれませんが、

小麦粉は食品なので腐っちゃうんですよね。

衛生的にも小麦粉は浮き輪の保管には向いていないので、

小麦粉を使う事は避けて下さいね!

まとめ

夏には楽しめる事が増えますよね!

その1つの海水浴も、

片付けもサクッとできれば、

主婦としては楽ですよね!

時短をして楽しい夏を過ごしましょう!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good day!

関連記事を書きました。

良かったらのぞいて見て下さい。

先日、子供のお気に入りの浮き輪の空気が抜けることがわかりました。去年買ったばかりで、まだ数回しか使っていない浮き輪です。子供も悲しがりましたが、親としてもせっかく買ったのにショックでした。子供も私も気に入っている浮き輪だったので、そこで何とか治して今年の夏だけでも使いきってあげたいと考えました。