フライパンがくっつき始めた時の対処方法は何がある?サクッと解決!




フライパンに油をひいても料理がくっついてしまう時って突然ありませんか?

そんな時って、「え!もうフライパンの寿命なの!?」って私は焦ってしまいます。

できれば、買い替えせずに、もう少し長くフライパンを使えらたら、

気持ち的に楽ですし、節約になって助かります。

今回は、そんな時に役にたつフライパンがくっつき始めた時の対処法をまとめました。

フライパンがくっつき始めた時の対処方法は何がある?

フライパンで料理がくっつき始めた時に簡単に対処できる方法はあるんです!

それは、

フライパン専用のアルミホイルを使う!

フライパン専用のアルミシホイルを使うのが1番簡単なんですよー!

フライパンがくっつき始めた時の対処法って、1番に思いつくのが「クッキングシート」だと

思うんです。私も最初はそうだったんです。

「クッキングシート」もいいんですが、私の心配は、

「クッキングシートが燃えるかもしれない。」という心配があったんです。

心配性の私には、ちょっとだけ抵抗があったんです。そこで、まさかの救世主!

母に教えてもらったのが、「フライパン専用のアルミホイル」。

ここでフライパンのアルミホイルお得に変えますよ!

「フライパン専用のアルミホイル」これが本当に便利で、

餃子も目玉焼きもフライパンにくっつくかなくなるし、魚もやけちゃうんですよ。

そして、フライパンのアルミホイルを切って、フライパンにのせて使えば、

2種類も料理も同時にできるから、とっても便利!

フライパンが汚れないから、フライパンを洗うのもとっても楽になりました。

フライパンに料理がくっつく時の洗い方は?

フライパンに料理がくっついてしまうと洗うが本当に大変ですよね。

そんな時に役立つフライパンの洗い方を紹介します。

 
  • ①フライパンに洗剤水を入れ、30分程、置く。
  • ②重曹を油汚れに振りかけて5分程置く。
  • ③お酢を水で薄めて、布巾で磨く

①の時にある程度の汚れは浮き出てきて、

フライパンにくっついた焦げが少柔らかくなります。

③お酢を水で薄めるは、私は小さじ一杯のお酢に大さじ3杯水で薄めて、

フキンにお水で薄めたお酢を含ませて、フライパンの焦げたをふきとっています。

野菜が焦げてフライパンについた時は、アルカリ性のお酢が良く分解してくれて、

フライパンのくっつき汚れを落としてくれます。

ただ、お酢はメーカーによって成分が違うので、、逆にベタつきを感じる物もあるので、

フライパンのくっつき汚れを取る時は、糖分が入っていないお酢を使うようにしてください。

そして、重曹や酢で錆や劣化がみられる調理機器もあるので、

その点にも十分に気を付けてくださいね!

私は主に、先ほどの紹介した方法で、フライパンのくっつき汚れがある時は、

洗っていますが、他にも期限切れの小麦粉もクレンザー代わりになるので、

食品ロスにもつながります。

まとめ

フライパンに料理が1度くっついてしまうと、また料理を作ってくっつくんじゃない?

って、思っていると、だいたいその予想が当たるんですよね。

そんな時は、本当におススメなのが、フライパン専用のアルミホイル!

本当にただ物ではないアルミホイルで、くっつかないし、フライパンの洗い物が

メチャクチャ楽になります。ぜひ1度試してみてくださいね!

参考になればとても嬉しいです!Que tenga buen dia!