YBNコーデーはハーフなの?気になる身長やプロフィールを調査!




大坂なおみさんの彼氏として有名なYBNコーデさん。YBNコーデさんはハーフなのでしょうか?大阪なおみさんがハーフですし、日本国籍だからYBNコーデさんもそうなの?って気になったりしますよね。なんとなく、日本人のハーフに見えるような気もするんです。

今回は、今とっても気になるYBNコーデさんはハーフなのか、身長や大阪なおみさんとの馴れ初めを調べてみました。

YBNコーデーはハーフ なの?

View this post on Instagram

Circle of Life ☀️

A post shared by Cordae' (@cordae) on

結論から言うと、YBNコーデさんはハーフではありません。大阪なおみさんがハーフだからてっきりそう思えちゃいますよね!私も、YBNコーデさんはてっきりハーフだと思っちゃいました!笑

YBNコーデさんは、アメリカ生まれで両親もアメリ人なんですよ。

YBNコーデーは日本語は話せる?

YBNコーデさんはハーフではなくて、アメリカ人だということは、はっきりしましたね!でも、「彼女は日本国籍だから、日本語がもしや話せる?」なんてことも、考えられますよね。

調べた所、YBNコーデさんは、日本語話せません!勉強もしたこともないそうです。

なので、YBNコーデさんでは、彼女の大坂なおみさんと話す時は、英語なんですね。大阪なおみさんも、日本語は実は堪能ではないそうです。聞き取りは多少できるとのことで、カタコトの日本語と英語を話されるそうです。

それでも、とってもお似合いなビッグカップルですよね♪

YBNコーデーの経歴は?

YBNコーデさんの生まれは、アメリカのノースカロライナ州、育ったのはメリーランド州です。YBNコーデさんが、ラップに興味を持ったきっかけは、父親がラップをを聞いていたからだそうです。

10歳の時には、Entender(エンテンダー)の名前でステージに立って音楽活動を始めていました。正に天才肌ですよね!凄い!

その後高校卒業後にロサンゼルスに引っ越し、2018年から本格的にラッパーとして活動を始めます。そして、YBNというヒップホップグループに参加して、YBNコーデとして、実力を発揮しています。

YBNコーデーと大坂なおみの交際はオープン

YBNコーデさんと大坂なおみさんの交際はとってもオープン!お互いのインスタグラムに登場するほど、交際はとっても順調ってことですよね!

こうやって堂々と交際をオープンにするところが、アメリカンスタイルっぽいですよね!そして見ていても、気分がいいです。お二人は本当に、微笑ましい位仲が良いんだな~って思います。

YBNコーデーと大坂なおみの気になる馴れ初めは?

YBNコーデさんと大坂なおみさんとの馴れ初めですが、出会った場所は「NBAの試合会場」。YBNコーデさんが大坂なおみさんに一目ぼれ!そして、ナンパで交際をするきっかけになったと公表しています。

このNBAの試合にお二人が行かなかったら出会ってなかったんですよね!とっても、お二人とも縁があったんですよね。ロマンチックです♪

YBNコーデさんは、大坂なおみさんが有名なテニスプレイヤーとは知らずにナンパしたそうです。この素朴な感じが更にいいです!

YBNコーデー の気になる身長と体重は?

YBNコーデさんの気になる身長や体重を調べてみました!

YBNコーデさん身長と体重!

身長:180㎝

体重:68k

YBNコーデさんは、身長も高いんです。大阪なおみさんも身長が高くて、180cmなんです。以前二人が一緒に写っているインスタグラムを見たことがあるのですが、実は二人同じ身長だったんですね!

そして、YBNコーデさんは68kgになるので、身長のわりに細身なんです。大坂なおみさんと一緒にトレーニングをして、体を鍛えているかもしれませんね!

YBNコーデプロフィール

・芸名:YBN Cordae(コーデー)
・本名:Cordae Amari Dunston
・生年月日: 1997年8月26日 
・年齢:23歳(2020年9月現在)
・出身地:アメリカ合衆国
・血液型:?
・身長:180㎝
・体重:68kg
・趣味:?
・活動内容:ラッパー
・事務所:アトランティックレーベル

dヒッツなら洋楽も聞き放題♪初回31日間は無料ですよ!↓

まとめ

今回はYBNコーデさんこと、大坂なおみさんの彼氏のことを調査しました。YBNコーデさんはハーフでもないし、日本語もしゃべりません。でも、若いのにとっても才能豊かなラッパーさんです。そして、スタイルもセンスも良いので、今後大活躍することも、間違いなしです!彼女の大坂なおみさんとも、末永く更に幸せになって欲しいなと思います。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。