ファー付きコートの洗濯を家でするのは不可能!?意外と知らない方法を紹介!




だんだんと寒くなって冬のコートを使う時期がきました!

私が毎年愛用してるコートがファー付きコートをなんです!

でも、ファー付きコートって洗濯したくても、クリーニングに出すと高いんです。

ベストクリーニングなのは、わかっているけど、

出来れば家でファー付きコートが洗濯できれば、お財布に優しくて、本当に助かりますよね!

今回は、ファー付きコートの洗濯の仕方と冬のアウターの保管方法を紹介します!

ファー付きコートの洗濯は家でするのは不可能!?

ファー付きコートって家で洗濯ができたら本当に助かりますよね!

私が実際に家でファー付きコートの洗濯方法を具体的に説明します!

最初にファー付きコートを洗濯するのに用意する物です。

  • シャンプー
  • トリートメント
  • 中性洗剤
  • ドライヤー

この4点があれば、バッチリ、ファー付きコートの洗濯を家でできちゃいます!

⇩抗菌効果、部屋干しも安心してできる中性洗剤です!柔軟剤も配合されているから、仕上がりふわっふわですよ♪amazonだから自宅に届くのも楽ですよね!

ファーが取り外せる場合を紹介!

ファーが取り外しできる場合は、ファーを外してファーとコートは別々に洗います。

リアルファーの場合の洗い方です

  • ①シャンプーを泡立ててリアルファーの汚れを落とす。
  • ②シャンプーを洗い流す。
  • ③トリートメントをほんの少しつけて、ファーを優しく揉み洗いします。
  • ④トリートメントのぬめりが落ちるまでシャワーで洗い流す。
  • ⑤コートとだけ中性洗剤で洗濯機で洗う。    
  • ⑥タオルドライして、ファーを陰干しで乾かす!
  • ⑦コート用ハンガーでコートを陰干し!

この時のシャワーの温度は、ぬるい位38度くらいがちょうど良いです。 洗濯機で洗う時は、「手洗い設定」にして洗濯をしてくださいね!

フェイクファーの場合

  • ①シャンプーを泡立ててフェイクファーの汚れを落とす。
  • ②シャンプーを洗い流す。
  • ③トリートメントをほんの少しつけて、フェイクファーを優しく揉み洗いします。
  • ④トリートメントのぬめりが落ちるまでシャワーで洗い流す。
  • ⑤ファー付きコートを洗濯ネットに入れて中性洗剤で洗濯機にいれて洗う。
  • ⑥脱水は短め。3分~4分で!
  • ⑦タオルドライして、ドライヤーでファーを乾かす!
  • ⑧コート用ハンガーで陰干し!

リアルファーとフェイクファーとほぼやり方は一緒です。

違いは、ドライヤーを使うか、使わないかと、洗濯機で脱水も少しできちゃうのが、

フェイクファーなんです。

しかし、コートの素材によっては、カシミアなどの高級素材は、

デリケートで縮みやすいので注意が必要です!

ファーも高級なもの特にリアルファーの種類によっては、

デリケートなので注意が必要なのも事実です。

もしも、心配な場合は専門のクリーニング店に出す方が失敗がありません。

秋が過ぎて、ジャケットやカーディガンを羽織るだけでは寒いかな、という季節が来たら、まずは軽くて暖かいダウンコートが毎日活躍しますよね。ダウンコートって1度着始めるともう、手放せなくなって、毎日着ちゃいます!

冬のアウターの保管方法を知って来年も着よう!

冬のアウターって種類も豊富なだけに、保管方法も色々あるんです。

ここでは、冬のアウターのファーコートの保管方法を紹介します!

1:圧縮袋は使わない!

ファーコートやムートンコートの場合は実は、圧縮袋は使ってはダメです!

ファーコートに圧縮袋を使わない理由は、毛がぐしゃぐしゃになるし、

毛が絡んでしまったり、毛がぺったんこになるからなんです!

ワンシーズンだけ着るだけのコートならいいですが、

せっかく買ったファーコートを大事に長く使いたいですよね!

後悔しない為にも、圧縮袋を使わないようにファーコートを保管しましょう!

2:1着ずつ箱に入れてしまうのがベスト!

冬のアウターの保管方法でファーコートやムートンコートのしまい方は、

本当なら、1着ずつ箱にしまうのがベストなファーコートのしまい方です。

でも、ズブラな私はファーコートを1箱にも入れてしまうのも、面倒臭いんです。

箱もスペースをとるから、できれば使いたくない派の私です。笑

そんな私はしているファーコートの保管方法はもっぱら、吊して保管をしています。

ファーコートに通気性の良い不織布や布製のカバーを100円均一で買ってきて、

クローゼットに保管しています。

これだけですが、毎年ちゃんとファーコートがシーズンが来たらサクッと着れています。

もちろん、ファーコートはしまう前に、最初に紹介した方法で、洗ってから保管しています。

その方が、冬がきた時にサクッと着れるので、時短になりますよ!

ファーコートの保管方法はコートをつるす時でも、ぎゅうぎゅう詰めにならないように

コートを吊るしてくださいね!

ぎゅぎゅう詰めの状態だと、ファーのふわふわ感もなくなってしまうんです!

まとめ

ファー付きコートは、自宅で洗う前までは、

「必ずクリーニング屋さんに出さなければいけない!」と自分でもと思っていました。

以前テレビで、プロのクリーニング専門店の方の自宅でも出来るファーの洗い方を見て、

実践してみました そうしてみたところ案外、簡単に自宅でも洗えるので、

クリーニング代の節約にもつながり、とても良いです。

初めてで不安の場合は、普段良く使うファー付きコートで、試してみたほうが良いです。

普段良く使うコートなら、汚れたら気軽に自宅でササッと洗えるし、

常に綺麗な状態のままをキープして着ることができるからです!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good day!