小川哲平(作新学院)の両親はどんな人?兄弟はいる?出身中学校と小学校も調査!




お知らせ

※本ページはプロモーションが含まれています。

2024年3月18日(月)から、第96回選抜高校野球大会(センバツ高校野球2024)が開催予定との情報がありました。栃木県の作新学院には、2年連続出場の注目選手・小川哲平(おがわてっぺい)選手がいます。作新学院のOBに江川卓さんがいたことから、「江川二世」とも評されている選手だそうです。今回は、小川哲平選手(作新学院)の両親はどんな人?兄弟はいる?出身中学校と小学校はどこ?など気になる情報について調査してみました。

\高校野球関連おススメ通販サイト!/

スポンサーリンク

小川哲平(作新学院)の両親はどんな人?

小川哲平選手(作新学院)の両親はどんな人なのかについて調べてみました。

小川哲平選手(作新学院)の両親について

  • 父親はおらず、母子家庭で育った
  • 中学時代は、軟式野球に所属していた
    その理由として「お母さんが仕事しながら一人で育ててくれた」「硬式野球だと親も手伝いに来ないといけなくなるから」
  • 高校進学の際も県外の強豪校に進む選択肢もあったが、小川選手は「お母さんが見に来てもらいやすい所を選んだ」として栃木に残ると選択した

小川哲平選手(作新学院)の両親についてですが、父親はおらず母子家庭で育ったとの情報がありました。小川選手は中学時代に軟式野球に所属したり、高校進学も地元栃木の作新学院を選んだりしています。 その1番の理由として、「仕事しながら一人で育ててくれたお母さんがいるから野球が続けられている」とのことです。小川選手は、とってもお母さん想いの優しい選手ということが伝わりますね!

小川哲平(作新学院)には兄弟はいる?

小川哲平選手(作新学院)には兄弟はいるのかについて調べてみました。

【小川哲平選手(作新学院)の兄弟について】

  • 兄弟についての情報が見つからない
    (なので、一人っ子ではないかと予想している)
  • いとこはいる
    (大阪でシンガーとして活躍している)
    (いとこは、「波鳳(はおうとり)」というユニットの鳳笙(おおとりしょう)さん)

小川哲平選手(作新学院)の兄弟についてですが、情報を見つけることができませんでした。なので予想にはなりますが、一人っ子なのではないかと考えています。兄弟についての情報は見つかりませんでしたが、いとこがいるとの情報は見つけました。

大阪でユニットシンガーとして活躍されているそうです。ユニット名は「波鳳(はおうとり)」で、鳳笙(おおとりしょう)さんが小川選手のいとことのことです。野球とシンガーではジャンルは違いますが、応援してくれる親族がいるのは心強いですよね!

小川哲平(作新学院)の出身中学校はどこ?

小川哲平選手(作新学院)の出身中学校はどこなのかについて調べてみました。

小川哲平選手(作新学院)の出身中学校について

  • 出身は、栃木県の日光市立落合中学校
  • 中学時代は、日本代表選手に軟式野球経験者が多いと聞き、軟式野球チームに所属
  • 軟式は硬式よりも球速が出にくいが、球速アップの技術を身につけた
  • 中学入学して半年で球速134キロに到達
  • 中学2,3年の時にALL栃木の選抜チームに選ばれる
  • 中学2年の時に、ALL栃木の選抜チームで出場した第23回関東・東北・北信越少年(中学)新人軟式野球大会で優勝
  • 中学3年の時に、全日本少年野球大会に3番 投手・外野手で出場したが、星陵中学に敗れ準優勝

小川哲平選手(作新学院)の出身中学校についてですが、栃木県の日光市立落合中学校の出身との情報がありました。中学時代は、硬式野球ではなく軟式野球のチームに所属していたそうです。

中学入学して、半年で球速134キロに到達するという投手としての才能もあり、中学2の時にALL栃木の選抜チームで出場した大会で優勝しています。中学生の時に、134キロのボールを投げてたなんてびっくりしますね!これからの小川選手の活躍も楽しみですね!

小川哲平(作新学院)の出身小学校はどこ?

小川哲平選手(作新学院)の出身小学校はどこなのかについて調べてみました。

【小川哲平選手(作新学院)の出身小学校について】

  • 出身は、日光市立落合東小学校
  • 小学1年の時から野球を始めている
  • 「落合東フェニックス」という軟式野球チームに所属
  • 小学校卒業の時には、すでに身長が170㎝を超えていた
  • 小学6年の時には、球速120キロを出していた
  • ソフトボールの遠投で65mを投げた(日光市の小学生の記録を50年ぶりに更新)
  • 小学6年の時から「レッドコートトレーニング」に取り組み筋力を高めてきた
    (体に負荷をかけず体幹やバランスを鍛えるトレーニング)

ということが分かりました。小川哲平選手(作新学院)の出身小学校についてですが、栃木県の日光市立落合東小学校の出身との情報がありました。小川選手は小学1年の時から野球を始めていて、「落合東フェニックス」という軟式野球チームに所属していたそうです。小学6年の時には球速120キロをだしたり、卒業時には身長170㎝を超えていたとの情報も見つけました。

恵まれた体格や野球の才能は、すでに小学生の時にはあったのがすごいですね!またソフトボールの遠投で65mを投げ、日光市の小学生の記録を50年ぶりに更新させた記録もあるとのことです。ソフトボールの遠投で、50年ぶりに記録更新ってすごすぎますね!

小川哲平(作新学院)プロフィール

小川哲平選手(作新学院)のプロフィールはこちらです!

・本名:小川哲平(おがわ てっぺい)
・生年月日:2006年5月2日
・年齢:18歳(2024年2月現在)
・出身地:栃木県日光市
・血液型:A型
・身長:184㎝
・体重:96㎏
・所属:作新学院
・学年:新3年生
・ポジション:投手
・利き腕:右投/右打

森陽樹 (大阪桐蔭)には彼女はいる?進路は?

 \高校野球ファン必見!第96回選抜高校野球大会完全ガイドもおすすめ♪/        

                    

created by Rinker
ベースボール・マガジン社
¥980 (2024/06/23 20:50:20時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

今回は、小川哲平選手(作新学院)の両親はどんな人?兄弟はいる?出身中学校と小学校はどこ?など気になる情報について調査してみました。

  • 父親はおらず、母子家庭で育った
  • 兄弟についての情報はなかったが、大阪でシンガーとして活躍するいとこがいる
  • 出身中学:日光市立落合中学校、出身小学:日光市立落合東小学校

今回、小川選手について調べましたが、小学生の時すでに野球の才能があったのには驚きました!また、母子家庭で育ててくれたお母さんのことも、大切にしているという優しさもある選手ということも分かりました。これからも小川選手の活躍が気になりますね!

\高校野球関連おススメ通販サイト!/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする