あけましておめでとうの由来って何?ズボラに解説!いつまで言うもの?




今年も残りわずか、3ヶ月を過ぎました!

年末の事を考えていたら、

『そもそも、あけましておめでとうとは何?』と考えてしまいました!

あけましておめでとうの由来って考えたら私は知りません。

『あけましておめでとう』はお正月に言う物というルール化していました。

そして、『あけましておめでとう』はいつまで言う物なんでしょうか?

1月はずっと言っているような感じがしています。笑

今回はズボラな私が理解した、

あけまとしておめでとうの由来と、

あけましておめでとうはいつまで言えばいいのかを解説します。笑

あけましておめでとうの由来って何?

『あけましておめでとう』ってもはや、

お所月のルールですよね!

とりあえず、お正月になれば言うみたいな感じです。

私なりにお正月の由来をズボラにまとめてみました。

それぞれ説明していきますね!

1:古い年が終わり、新しい年が始まった!

『あけましておめでとう』=新しい年が明けたので、おめでたい!

本当に読んで字のごとくなんですが。

ってシンプルではありますが、

子供に教えてあげたりするには、

1番シンプルでわかりやすいですよね!

2:1年の最後の夜が明ける事、そして感謝の意味!

今の時代って、24時間やっているお店もあるし、

インターネットもあるし、電気もガスもあるので、

1年で不自由する事ってまずないですよね!

台風で例え停電しても復旧は早いですし、

昔に比べれば、不自由はありません。

ですが、電気やガスがまだなかった時代は、

貧困、戦争、病気、災害があっても直ぐに対応はできなかたんです。

そういう時代に生きていた人は、不安定な生活、保証がない生活を送っていて

はるかに1年を無事に過ごす事は凄く大事なことだったかもしれません。

なので、

「1年の最後の日の夜が無事にあけて、無事に新しい年を明けることができた」

という感謝の気持ちがこもっているのが

『あけましておめでとう』の由来だと私は思っています。

1年の重み、1日1日の大切さの意味が全然違うと実感!

今は、日々に豊かに暮らせて本当にありがたいですよね!

改めて感謝の気持ちになりました!

ところで『あけましておめでとう』いつまでいうの?

『あけましておめでとう』って気づけば

1月中ずっと言っています。

実際はいつまで言うのがいいのかな?って思ってみたんです。

一般的にはいつまで言うものなのかを調べてみました。

一般的には7日まで!

世間一般的には1月7日までお正月っていう風潮があります。

でも、この1月7日までお正月までというのも、

地域性があるので、必ずしも1月7日とは限らないです。

小正月の地域では1月15日まで『あけましておめでとう』を言ったりしています。

なので、1月中旬までは『あけましておめでとう』を言う物なんだと私は思いました。

言われて、迷惑な言葉ではないので安心です!笑

『松の内まで』の松の内って何?

『あけましておめでとう』をいつまで言うのかを調べていて、

『松の内』という言葉が目についたんです。

『あけましておめでとう』は基本的には『松の内』まで言うそうです。

ですが、そもそもその『松の内』を知らないんですよね。

で、調べてみました!

『松の内』=お正月の飾りを飾ってある日まで。

なので、お正月の飾りを飾ってある日って、

これも本当に地域性がありますよね!

私の地元は1月7日まででしたよ!

1度、自分の住んでいる地域の『松の内』を

調べてみるのも面白いかもしれないです!

まとめ

今回『あけましておめでとう』を調べていて、

アラフォーながら勉強になりました。笑

今の時代って本当に便利で、

豊かだし、何でもあるし、感謝が一杯だと

今更ながら気づくことができました。

残り2ケ月半、この感謝の気持ちを大事にして

生きて過ごしていきたいと思います!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good day!

関連記事です。良かったらのぞいて見て下さい。

毎年、お正月は子供とどこに一緒に行こうか悩んでします! 連れて行く親としての私は、 出来れば寒い公園ではなくて、 ...