バレンタインのガトーショコラの意味って何?本命に渡すならこれを!




年に1回あるバレンタインデーは女子にとっては1台イベントの1つですね♪日本では、女子が男子にチョコレートをプレゼントするというのが主流になっていますね。ここ数年は、バレンタインデーにガトーショコラをプレゼントする人も多くなってきているんですよ。

なので今回は、バレンタインデーのガトーショコラの意味や、それぞれのお菓子の意味についても調べてみました。

バレンタインのガトーショコラの意味って何?

バレンタインデーにガトーショコラの意味を調べてみました!調べてみたら、バレンタインデーにガトーショコラを渡すことには、特別な意味はないということがわかりました!

てっきり、お花を渡すようにチョコレート系のお菓子にも意味があるのだと思っていたら、バレンタインデーにガトーショコラを渡すのに特別な意味は含まれないという驚きな結果でした!笑

というのも、バレンタインデーにチョコレートを贈る風習は、お菓子会社の戦略によってバレンタインデーというイベントを文化に根付かせようとしたのが起源のため。
なので、ガトーショコラに特別な意味はないと言うことになるようなんです。

なので、チョコレート系やケーキは特別な意味を含まないなので、誰にでもプレゼントできるんです。本命の人でもいいし、上司でもお友達でも幅広くプレゼントできます。

バレンタインに送る他のお菓子の意味は?

バレンタインデーのチョコレートやケーキ類には意味がないことは、わかりました。そうなると、気になるのが「バレンタインデーに他のお菓子を送ると何か意味あるの?」ですよね。なので、調べてみました。

1:キャラメル、キャンディ

キャラメルには、「一緒にいると安心する」という意味があります。そして、キャンディには「一緒にいると安心する」という意味があります。この2つは上記2つは、溶けるまで時間がかり、口の中で長く残るので、前向きな意味が込められているそうなんです。

なので、このお菓子はバレンタインデーでは、本命向きになりますね!

2:マカロン

マカロンには、「あなたは特別な存在」という意味があるそうです。マカロンは、作るのに手間がかかるお菓子ということや、他のお菓子と比べて高価なため、特別な存在という意味が込められているそうです。本命へ贈るお菓子ともいわれてます。

3:カップケーキ

カップケーキは、マカロンと意味が一緒で「あなたは特別な存在」という意味があるそうです。海外では、カップケーキに似ているマフィンはパンのため朝食で良く食べられます。
カップケーキはケーキのため日常生活でなく、特別な日に食べられるからだそうです。

4:クッキー

クッキーのお菓子の意味は「あなたは友達」になります。クッキーはサクッとした食感で、乾燥していてあっさりしています。渡す相手との関係を暗示しているようです。そのため、バレンタインデーに本命相手に渡すのはNGと言われています。なので、上司、友達には向いているとも考えれますね。

5:グミ

グミには「嫌い」という意味があるそうです。固くてしっかり噛むことから嫌いという意味が込められているそうです。バレンタインデーには、渡さない方が良さそうですね。

6:マシュマロ

マシュマロの意味は、「あなたが嫌い」にという意味になるそうです。すぐに溶けてなくなることから、相手との関係もその程度にしとこうという意味が込められているそうです。「あなたが」としっかり固定されちゃっているので、マシュマロもバレンタインデーには、プレゼントしない方よさそうです。

7:チョコ入りマシュマロ

マシュマロでも、チョコ入りになることで全く意味が違って、「愛で包み込む」という意味になります。マシュマロであっても中にチョコが入っていれば、純白の愛で包み込むというポジティブな意味になるそうです。

チョコが入っただけなのにこんなに意味が違うなんて、ロマンティックですよね♪

8:バームクーヘン

バームクーヘンの意味は、「幸せが重なって大きくなり、いつまでも続きますように」です。
結婚式の引き出物にも使われることが多く、同じような意味合いが込められているそうです。
結婚を意識してお付き合いしてる相手や、ご夫婦への贈り物に良いとされています。

9:マドレーヌ

マドレーヌのお菓子の意味は、「仲良くなりたい」です。マドレーヌは貝殻型で焼くことが多く、2枚の貝がピッタリと合わさっているように見えるため、仲良くなりたいという意味が込められているそうです。

バレンタインデーに片思いの相手や、友達に送っても良いですよね♪

10:マロングラッセ

マロングラッセの意味は、「永遠の愛を誓う」です。ヨーロッパでは、男性から女性へ永遠の愛を誓う時にマロングラッセを贈る習慣があるそうです。バレンタインデーにマロングラッセをプレゼントするのも良さそうですよね!

いつもバレンタインデーに飽きたら、マロングラッセにしてサプライズするのかもありかもしれませんね!

11:ティラミス

ティラミスの意味は、「私を元気づけて」です。「Tira=引っ張る」「Mi=私」「Su=上に」となり、イタリア語で「私を引っ張りあげて」という意味になるため、励ましてほしいという意味を込められたそうです。

バレンタインデーに友達にティラミスをあげても喜ばれそうですよね♪

12:ドーナツ

ドーナツの意味は、「あなたが大好き」です。リング型のドーナツには「I like you a whole bunch.」(あなたが大好き)という意味が込められているそうです。wholeはドーナツに空いた穴(hole)とかけているそうです。

バレンタインデーにプレゼントするお菓子には、実はこんな意味があったんですね!調べてみると、面白いですよね!

バレンタインのガトーショコラとブラウーの違いは?

チョコレートケーキの定番と言えば、ガトーショコラですよね!そして、良くに似ているのが、ブラウニーです。どちらもバレンタインデーに渡しても喜ばれるのですが、その違いについて、調べてみました。

ガトーショコラとブラウニーの違い

  • 卵の使い方
  • 薄力粉の量

ガトーショコラとブラウニーの違いってこの2つなんですね。なので、とても似ているお菓子になります。

まずは卵の使い方ですが、ガトーショコラだと卵を泡立てて作るので、ふんわりとしてしっとりになります。そしてブラウニーですが、卵を生地に混ぜるのでクッキーのような触感になるんですね!確かに、触感は2つ全く違いますよね!それは、卵の使い方にあったんですね。

そして薄力粉の量についてですが、ガトーショコラの方が薄力粉を使う量が少な目なので、あのしっとり感があるんですね!

⇒簡単&濃厚なガトーショコラのレシピはここをクリック

⇒約30分で作れる濃厚なブラウニーのレシピはここをクリック

バレンタインのガトーショコラの保存方法は?

バレンタインデーガトーショコラを渡そうと思いても、保存方法って意外にわからなかったりしますよね!美味しくガトーショコラを保存する方法を紹介します。

1:手作りするなら1日前がおススメ!

もし、バレンタインデーガトーショコラを手作りするのであれば、ガトーショコラを作るのは、1日前がおススメです。実は、ガトーショコラって作って2日目が美味しんです。作って1日経つことで、ガトーショコラがしっとりして更に美味しくなるんですよ♪

2:冷蔵庫にカットして1つづラップする!

ガトーショコラはしっとりした触感が美味しんですよね!なので、空気に触れてしまうと乾燥してしまって、ボソボソになってしまうんです。なので、それを防いでくれるのがラップです。

食べるやすい大きさにカットして、空気を抜いてラップで丁寧に包んで下さいね!そして、冷蔵庫の保存の目安は4日と言われているので、もしプレゼントするのであれば早めにプレゼントすると、美味しく食べてもらえます。

3:長期保存なら冷凍庫!

バレンタインデー前にガトーショコラを作ったり、買ったりするなら冷凍庫保存がおススメです。冷凍保存であれば、ガトーショコラは10日間くらい保存できちゃいます。

その時にも、食べやすい大きさにカットして丁寧にラップで包んで、タッパーや密封袋に入れて冷凍保存します。そうすることで、美味しい味をキープすることができます。

ガトーショコラを解凍する際は、冷蔵庫で自然解凍がおススメです。常温で自然解凍をすると水分が出てしまうので、美味しくなくなってしまうので注意してくださいね。

⇩バレンタインデーにピッタリのザハットルテ!楽天ランキング1位も獲得♪

 

まとめ

今回は、バレンタインデーのガトーショコラの意味を調べてみました。バレンタインデーで渡すガトーショコラやチョコレート、ケーキ類には特に深い意味はありませんでしたね!なので、安心してチョコレート系の物を渡すことができますね。

ただ、バレンタインデーに渡すのにNGお菓子はマシュマロということもわかったので、気をつけてくださいね!楽しいバレンタインデーを過ごしてください♪参考になればとても嬉しいです。