塗って焼いたらカレーパンの売ってる場所は?開封後の賞味期限どのくらい?




塗って焼いたらカレーパンが話題になっていますね!SNSやテレビでも紹介されていて、パンんにぬるだけで、サクサクのカレーパンになると言われている人気商品なんですよ。そう聞くと1度は食べてみたいですよね!

なので今回は塗って焼いたらカレーパンの売ってる場所と、開封後の賞味期限について詳しく調査してみました。

塗って焼いたらカレーパンの売ってる場所は?

塗って焼いたらカレーパンがの売ってる場所を調べてみました。それはKALDIです。ぬって焼いたらカレーパンの商品はKALDIのオリジナル商品なんですよ!塗るだけでサクサクの香ばしいカレーパンができるのが人気の理由なんですよ。ただスゴク人気商品になので、売り切れってことが良くあるのが残念なんです。

でもSNSでも大好評だから、やっぱり1度は試してみたいですよね!とにかく1度はKALDIに足を運んで見ることをおススメします。お値段は110gで308円(税込)です。

⇒お近くのKALDI探すならこちらをクリック

KALDIではオンライン通販でもぬって焼いたらカレーパンを販売していますが、在庫切れになっていることが多いみたいですね。それほど人気ということがわかりますね。タイミングが合えば買える可能性は大なので、マメにチェックすることをおススメします。KALDIのオンライン通販は、6,480円から送料無料になるので注意してくださいね。

⇒KALDIオンラインはこちらをクリック

塗って焼いたらカレーパンの開封後の賞味期限は?

塗って焼いたらカレーパンの開封後の賞味期限を調べてみました。賞味期限は基本的には半年以上ですが、開封後に関しては「お早めにお召し上がりください。」ですやっぱり開封前と開封後では美味しさがきっと変わってくるんですよね。

なのでぬって焼いたらカレーパンは開封後は、美味しいうちに早めに食べるようにしましょう!開封前で半年以上の賞味期限って助かりますよね。例え買ったけど食べるのを忘れていてもちょっと安心感があります。

塗って焼いたらカレーパンの保存方法は?

塗って焼いたらカレーパンの保存方法は、開封前も開封後も常温保存なんですね。「冷蔵庫にいれてなくて本当に大丈夫?」ってちょっと心配ですよね。これには理由があって、クリーム系の食べ物って冷蔵庫に入れてしまうと、固くなって非常に塗りにくくなるんですよね。なので常温が推奨されています。

KALDIのぬって焼いたらカレーパンには、「開封前は直射日光を避け、30℃以下での保存」となっています。

ここでのポイントは直射日光に当たる場所での保存はしないです。食べ物は直射日光が当たるとことろに置いておくと、傷みやすいんですよね。なのでぬって焼いたらカレーパンの保存は、直射日光が当たらない場所での30℃以下での常温保存を意識してくださいね!

⇩ベースフードはパンとパスタを選べるのサブスクです。忙しい人にとって時短になるって言われている人気のサブスクです。子育て中や忙しいビジネスマンにはピッタリですよね♪

完全栄養の主食 BASE FOOD スタートセット

まとめ

今回は塗って焼いたらカレーパンの売ってる場所と、開封後の賞味期限を調べてみました。ぬって焼いたらカレーパンの売っている場所は、KALDIになります。KALDIのオリジナル商品がぬって焼いたらカレーパンになります。

そして気になるぬって焼いたらカレーパンの開封後の賞味期限は、「開封後はお早めにお食べください。」でした。美味しいと人気のぬって焼いたらカレーパン。だからこそ開封後は美味しいうちに早めに食べきっるようにしましょうね。参考になれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする