キャンプでは蚊取り線香の置き方は大事!初心者必見!蚊対策の効果的な方法!




去年初めてキャンプーデビューをしました!

まだまだ、キャンプ初心者ですが、

そこで、1番気になったのが、キャンプ中に蚊にさされない対策です!

蚊に刺されない為に、ずっとテント内に居ては

キャンプに行った開放感が味わえません!笑

ですが、夕方から夜に掛けては、テントの外で蚊にさされました。

蚊や虫は自然の生き物なので、仕方ないですが、

「蚊取り線香をもっと上手く使って、蚊に刺されない方法はないかな?」と思いました。

今回は、キャンプでの蚊取り線香の置き方のポイントや、

キャンプ中の蚊対策の方法を紹介します!

 キャンプ中の蚊取り線香の置き方のポイントは?

キャンプ中の蚊取り線香の置き方には2つポイントがあるので、

説明をしていきますね!

1:蚊取り線香を2ケ所に置く!

キャンプ中の蚊取り線香は1ヶ所だけではなく、

2ヶ所ぐらいに分散して置くことが良いです!

これは、我が家のケースにですが、

我が家は3人家族なので、今回は3人家族で、1テントの場合です。

人数が多かったりしましたら、蚊取り線香の数も増やすといいと思います。

蚊取り線香の煙で蚊や虫をこないように守ってくれるので、

1ヶ所だと風向きによっては、守ってくれるのには限界があります。笑

なので、2ケ所に蚊取り線香の煙が覆いかぶせるイメージの場所に置いてください!

気を付けたいポイントとしては、

テントの近くに蚊取り線香を置くと、

テントに匂いがつきすぎてしまうので、

テントの近すぎる場所は避けた方が良さそうです。

我が家では蚊取り線香の置き場は、

テーブルの下やイスの周りの置いています!

ちなみにこの蚊取り線香だと若干煙が和らぎますよ!

2:蚊取り線香は地面に置く!

蚊は足元など下から刺して、体の上部を刺してきます。

なので、効果的な蚊取り線香を置く場所は

地面に置くことでより効果があるあります!

地面に置くときも、風向きに合わせて置き場所を変えてくださいね!

せっかくの蚊取り線香の効果が風向きで半減してしまうので!

風向きにも合わせて置いてくださいね!

キャンプ中の蚊対策でより効果のある方法は?

キャンプ中の蚊対策でより効果がある方法も2つポイントがあるので、

それぞれ説明していきます!

1:夜には長袖、長ズボンに着替えて蚊取り線香も使う!

キャンプができる場所はだいたい夜は涼しくなるので、

長袖、長ズボンに着替えて+蚊取り線香があれば、

キャンプ中の蚊対策としては、最強ですね!

荷物は多くなってしまうのが、ネックですが夜のキャンプも楽しめて

安心して、屋外で過ごせるので、

キャンプに行くときに長袖、長ズボンを持っていく事をおススメします!

2:蚊取り線香+液体の蚊よけスプレーを使う!

私は、夏の普段使いにも液体の蚊よけをスプレーを愛用しています!

なので、テント内でも液体の蚊よけをスプレーをしておきます。

そして、テントに近すぎない場所に蚊取り線香をして、

テント内で過ごしました!

液体の蚊よけスプレー歴3年になるのですが、

自宅でも蚊に本当にさされないので、キャンプのテントにも使ってみたのですが、

効果てきめん!

全く蚊に刺されずに、安心してテントで寝る事ができましたよ!

なので、蚊取り線香+液体蚊よけスプレーでキャンプ中の蚊対策は万全ですよ!

まとめ

これから、暑くなってきて外で遊べるレジャーが増えてきます!

夏の風物詩の蚊のいる季節でもあります!笑

できればせっかく行くキャンプも快適に過ごせたら、

より楽しい思い出になりますよね!

是非1度ためしてみてくださいね!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good summer!

関連記事を書きました。良かったらのぞいて見てください!

無料のキャンプ場がある、三重県の銚子川に遂に行って来ました! 8月13、14、15日と2泊3日です。 無料のキャンプ場があるのは当日...