キャベツの芯の使い道ってどんな方法?これで食品ロスができる!




キャベツの芯の使い道って知っていますか?私は知らなかったので、

芯は処分しちゃっていたんです。農家さんすみません!

最近、「食品ロス」って言葉を聞きませんか?私はズボラですが、食品ロスにすごく

興味があるんです。そして我が家では、キャベツは常備野菜なんです。

今回は、意外にしならいキャベツの使い道をまとめてみました。

キャベツの芯の使い道ってどんな方法?

キャベツの芯の使い道で1番簡単にできる方法を具体的に説明しますね!

1:キャベツの芯を電子レンジを使って料理!

「とにかくキャベツの芯を簡単に手軽に食べたい!」 という方におすすめなのは、

電子レンジを使った調理です。

ここで私のおススメのレシピを紹介します。

①コールスロー

https://cookpad.com/recipe/3916689

②肉じゃが

https://cookpad.com/recipe/5225374

私はだいたいキャベツの芯はこの2つの使い道の方法をしています。

これが、意外に簡単で美味しんですよ!

アレンジ次第で、キャベツの芯は副菜やおつまみにもなる和え物、

他のサラダなどもレンチンでできちゃうんですよ。

例えば、芯の部分を薄く細く切り、耐熱容器に入れてラップをかけて、

レンチン(電子レンジのワット数加熱時間は調整してくださいね)。

ここに、塩昆布を和えて、いりごまを散らすだけでも、立派なおかずです。

ツナ缶・ごま油・ポン酢を和えても、美味しく食べる事がきます。

2:キャベツの芯は薄く、細かく切って使う!

キャベツの芯って固さがとってもきになるんですよね!

なので、キャベツの芯を食べやすくするポイントとして、

キャベツの芯を薄く、細かく切ることです。

そうすれば、キャベツの葉と同じように、おいしく食べることができます。

キャベツの芯の豆知識!

固くて捨ててしまう人もも多いキャベツの「芯」。実は、キャベツの芯は「茎」なんです。

ここが栄養を吸収して成長していくため、葉の部分よりも栄養がギュッと

詰まっているんです。ビタミン類では、ビタミンC、K、葉酸などが多く含まれます。

骨に重要なカルシウム、むくみ解消に役立つカリウムなどのミネラル、食物繊維も豊富。

そして、何といっても注目すべきは「キャベジン」という成分が含まれていることです。

ビタミンと似たような働きをすることから、別名「ビタミンU」とも

呼ばれることもあります。この成分は胃腸の粘膜を健康な状態に保ったり、

傷ついた胃腸の粘膜を修復し、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の予防にも役立つとされています。

関連記事です。

ソースとかつお節の香りが食欲をそそるお好み焼き。そんなお好み焼きの材料として欠かせないのがキャベツ。このキャベツを切る量って難しかったりするんです。お好み焼きに用に切ると、私はいつもキャベツが余ってしまうし、

キャベツの芯の取り方ってどうやるの?知って損なし!

今回はキャベツ1玉の状態で、芯の部分だけを取り除く方法をご紹介します。

  • ①芯が付いている方を上向きにして置く。
  • ②芯の周辺からキャベツの中心に向かって、斜めに包丁の切り込みを入れていく。
  • ③キャベツを回して5回位向きを変えながら、芯の周りに1周切り込みを入れます。
  • ④芯を手でつまみ、くるっと回すようにして取る。

ここまでして、まだ葉の部分をくっついている場合は、②~③を繰り返してください。

しっかりキャベツを押さえて、ケガには気をつけておこなって下さいね!

これで、1玉購入したキャベツの芯だけを取り除くことができます。
参考の動画です。

芯が付いていた場所には、濡らしたキッチンペーパーを詰めておくと、

水分を保持したまま保存することができますよ。

さらにキャベツを野菜用の保存袋に入れる、または湿らせた新聞紙にくるんでから

ポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保存すると良いです。

ラップはキャベツの呼吸を妨げ、傷む原因になるので避けましょう。

冷蔵庫で2週間程度はもちますが、季節によっても変わるので、

新鮮なうちにおいしくいただきましょう。

美味しいパンの通販ですよ♪

まとめ

キャベツの芯って使い道は実は豊富!しかも栄養満点だし、意外に美味しいんですよ。

キャベツが常備野菜の我が家では、この方法でキャベツの芯までバッチリ使う事ができて、

私は食品ロスに繋がって大満足です!そして、子供も嫌がらずに食べてくれるので、大助かり!

そんなに難しくないので、ぜひ1度試してみてくださいね!参考になればとても嬉しいです!