年越し蕎麦を食べる理由って知ってますか?いつ食べるのが正しいの!?




大晦日と言えば年越し蕎麦ですよね!

でも私なぜ大晦日に年越し蕎麦なのかの理由を知りません!

なんで大晦日に本当に年越し蕎麦なんでしょうね?うどんや焼きそばじゃだめなのでしょか?

子供に始めて質問されて、年越し蕎麦を食べる理由を知らないと気づきました!

今まで大晦日は年越し蕎麦が当たり前みたいな感じで、疑問に思った事がなかったんですね!

今回は大晦日に年越し蕎麦を食べる理由と、年越し蕎麦を食べる時間を紹介します!

スポンサーリンク

年越し蕎麦を食べる理由って知っていますか?

大晦日に年越し蕎麦を食べる習慣が始まったのは、江戸時代からなんです。

そう考えると、本当に古い習慣なんですよね!

そんな、昔の人が考えた習慣なのでそれなりの蕎麦を食べる理由があるんです!

1:1年の苦労を切り捨てる!

蕎麦って食べていても、噛み切れやすい食べ物ですよね!

なので、蕎麦は噛み切れやすい所から、大晦日の年越し最後に蕎麦を食べて、

「1年の苦労を噛み切って切り捨てる!」という理由もあるようです!

2:長寿を願う!

蕎麦って、蕎麦の麺を作る時に長く延びますよね!

なので、その蕎麦の麺が長く延びる所から、

長寿の意味も年越しそばに込められているそうです。

 

3:金運効果も!

江戸時代の金細工師が、散らかった金をそば粉を使って、金をかき集めたそうです。

そば粉は水に溶けてしまうけど、金だけは水に沈むので、そば粉を使っていたそうです。

だから、年越し蕎麦を食べる事によって金運アップになるとも言われているんです!

金運アップと聞くと、蕎麦を思わず食べちゃいますよね!笑

4:決意を新たにする!

蕎麦って雨風にとっても強いんです!

雨風にあたっても直ぐに起き上がるので、

決意を新たに新しい1年を迎えるという意味あるんです!

実は、年越し蕎麦を食べる理由ってとっても素敵な意味があるんですよね!

とっても素敵な日本の習慣です!

スポンサーリンク

年越し蕎麦を食べる正しい時間ってあるの?

本当は大晦日って徹夜で神様をお迎えするという習慣があったそうです。

徹夜なので、夜食が必要ですよね?そこで、夜食に食べていたのが、

蕎麦だったという説もあるんですよ。

年越し蕎麦を食べる理由にもあるように、1年の苦労を切り捨てる意味もあるので、

新年を迎える前の夜食で年越し蕎麦を食べるのが正しい時間になります。

最近の一般的な時間帯は、大晦日の23時~0時前が定番のようです。

まとめ

実は年越し蕎麦を食べる理由ってとっても素敵な理由だったんですよね!

私は改めて年越し蕎麦の意味を実感する事ができました!

この素敵な習慣はぜひ息子にも教えたい!って思いました!

そして、来年の金運アップにもつなげたいと思います!笑

来年も皆様にとって良い1年でありますように!

A Happy New Year!

スポンサーリンク