夏のキャンプでテントが暑いときはどうする?簡単にできる暑さ対策!




夏のキャンプでテントの中が暑い時はどうしてますか?

これから、暑くなってきてキャンプがとっても楽しめる時期になりました!

でも、アラフォーの私なので、日焼け対策の為にテントに中にこもりがちです。笑

ですが、夏のテントの中でひたすら待っているだけでは、

テントの中はとにかく暑くてぐったりしちゃいます!

でも、夏のキャンプでもテントの中でも快適に待っている事ができれば、

待っている人もリラックスできていいですよね!

今回は、夏のキャンプのテントが暑い時の対策と、

夏のキャンプの暑さ対策を紹介します!

夏のキャンプでテントの中が暑い時はどうする?

夏のキャンプでテントの中が暑い時の対処法は、

5つのポイントがあるので、説明していきますね!

1:木陰にテントを張るようにする!

テントを張る場所も夏は木陰は争奪戦になりますが、

できれば木陰にテントにはるようにすれば、

テント上部に日が当たらないので、

テントの中が暑くなることを避ける事ができます!

木陰になるので、蚊の発生率は高いので、

蚊の対策も忘れずにしてくださいね!

関連記事です。良かったらのぞいて見てください。

去年初めてキャンプーデビューをしました!まだまだ、キャンプ初心者ですが、そこで、1番気になったのが、キャンプ中に蚊にさされない対策です! 蚊に刺されない為に、ずっとテント内に居ては、キャンプに行った開放感が味わえません!笑ですが、夕方から夜に掛けては、テントの外で蚊にさされました。

2:日中はテント中を風通し良くしておく!

日中は、できるだけテント内を全開にしておくことをおススメします!

テント内に熱がこもってしまうと、暑いです!

なので、できるだけ日中はテント内を風通しをよくしておきましょう!

テントでもメッシュスクリーンがついているテントなら、

人目も少し気にしなくていいですよね!笑

テント内に虫も入ってこないので、おススメです!

ちなみにこのテントだと、メッシュスクリーンもあって、

日よけも出入り口に作れるのでお勧めです!

 

3:テント上に日よけタープをする!

テントの上にタープを貼ることでかなり涼しくなります。

影が濃くなるので、テント内の気温が上がらなくて済みます!

とってもいいアイデアなのですが、軽の車でキャンプにいくとなると、

テント、タープとなると、荷物になるのが難点。

でも、2泊3日なのでキャンプに行く時は、

テントの上にタープもするのもとっても有効です!

4:ペットボトルを凍らせてクーラーボックスに入れて持っていく!

体の体温を冷やすために、クーラーボックスにぺっとボトルを凍らせて、

持っていくのも とっても役に立ちます!

体を冷やすことによって、体温が下がるので暑さをしのぐ事ができるので、

数本準備していくといいです!

冷却ジェルなどでもいいですよ!

5:乾電池式の扇風機を持っていく!

最近はキャンプ用や、防災用の電池式の扇風機もあります!

なので、乾電池式の扇風機も持っていくのも有効だと思います!

やっぱり夏の風物詩の扇風機はどこでも使えますよね!

種類も沢山あるので、 「乾電池 扇風機」で検索してみてください!

1つあれば、子供の運動会やバーベキューにも持っていけるので 便利ですよね!

夏のキャンプでテントの暑さ対策は?

  • 行き場所を高原や標高の高い所を選ぶ!

夏のキャンプのテントの暑さ対策として、

キャンプする行き場所選びも大事なポイントです!

高原や少し標高が高い場所を選べば、

朝晩は涼しいので夜が寝苦しいという事は避けれるので、

快適な気温でよく寝れます!笑

なので、夏にキャンプをするのであれば、 山にある川がいいです!

山にある川であれば自然も一杯で、子供も川でも遊べるし、

大人も豊かな自然を味わえるのでおススメです!

我が家ではキャンプをする時は川を選んでいます!

関連記事です。良かったらのぞて見てください。

無料のキャンプ場がある、三重県の銚子川に遂に行って来ました! 8月13、14、15日と2泊3日です。 無料のキャンプ場があるのは当日...

まとめ

夏のキャンプが楽しめる時期がきたので、

今年もキャンプに行けるのが楽しみです!

今年もキャンプを快適に過ごすために、

色々と工夫していきたいと思います!

参考になればとても嬉しいです!

Que tenga buen verano!