上履きの中敷きの汚れはどうすれば綺麗になる?白くなる方法を紹介!




週末に小学生の息子の上履きを洗っていたら、

上履きの中敷きの汚れがとっても気になりました。

毎週洗っているのですが、

上履きの中敷きの汚れまでは綺麗に洗えていないのかな?と思いました。

せっかく上履きを洗うのでできれば、

上履きの中敷きまですっきりと真っ白にしたいですよね!

今回は、上履きの中敷きの汚れの取り方と、

上履きを簡単に白くなる洗い方を紹介します!

スニーカーが雨に濡れると臭いがでますよね!特に子供は歩いて学校に通っていて、通学中や下校中が雨だと、子供のスニーカーはもうビショビショに濡れています!そして、私が家に仕事から帰ってくると、子供の濡れたスニーカーから臭いが!

スポンサーリンク

上履きの中敷きの汚れの取り方は?

私が色んな上履きの中敷きの汚れの取り方を実験した結果、

一番よく上履きの中敷きの汚れの取り方のポイントは3つです!

それぞれ説明していきますね!

1:ぬるま湯で洗う!

汚れた物ってやっぱり、ぬるま湯で洗うのが1番良く汚れがとれます!

なぜ、ぬるま湯が1番汚れがとれやすいくなるかというと、

洗う水の温度で汚れが分解されるからんです!

そして、洗剤も良く溶けてくれるからなんです。

なので、私は上履きを洗う時もぬるま湯で洗うようにしています。

私は普段はお湯の温度は38℃位で、洗うようにしています!

冬場は寒がりなので、39℃位で洗うようにしています。

2:皮脂だから漂白剤ではとりにくい!

上履きの中敷きの汚れは、汗や皮脂なので、

液体酸素系漂白剤だけでは綺麗にならないんです。

私はその事に気づくのに時間がかかりました。笑

この事に気づくまでは、液体酸素系漂白剤だけでずっと綺麗になると思っていたのですが、

そうでは液体酸素系漂白剤だけでは綺麗にならない事を知って

上履きの中敷きの汚れに液体酸素系漂白剤を使うのを止めました!

3:やっぱり固形石鹸を使って洗う!

液体酸素系漂白剤だけでは、上履きの中敷きの汚れがとれない事を知ってから、

固形石鹸で洗うようにしました!

そしたら、上履きの中敷きの汚れには効果抜群!

買った時のような、白さにはならないですが、笑

中敷きの汚れがとって綺麗になりました!

固形石鹸、絶賛です!

固形石鹸っていっても、洗濯用の固形石鹸もあるし、

体を洗う固形石鹸もあって、本当に色々ですよね!

私は、普通に体を洗う固形石鹸を使っているのですが、

十分中敷きの汚れが綺麗になったので、

固形石鹸を使って、上履き洗うのがおススメです!

スポンサーリンク

上履きが白くなる洗い方とは?

私がしている上履きが白くなる洗い方の手順を説明します。

1:38~39度のお湯に上履きを浸ける!

私がまず上履きを白くなる洗い方の最初にする事は、

ぬるま湯で上履きを濡らすことです。

時間は30分位バケツにぬるま湯を入れて、

上履きを浸けています。

2:固形石鹸を上履きにこするつける!

ぬるま湯に上履きを浸し終わったら、

今度は、固形石鹸を上履き全体にこすりつけます。

固形石鹸だと、上靴の中敷きやかかとの部分まで

こすりつける事ができるので、簡単ですよ!

3:100円均一で買った靴洗い用ブラシで洗う!

私は、上履きや靴を洗う時は、

100円均一で買った、靴洗い用ブラシで上履きを洗っています。

古い歯ブラシでも、代用できるので、

古くなった歯ブラシを使ってもいいと思います!

4:最後は軽く洗濯機で脱水する!

洗濯機で靴を脱水すると、型崩れをすると言われていますが、

ズボラな私と、ズボラな息子は気にしません!笑

なので、私は軽く洗濯機で洗濯ネットに入れて脱水しています。

洗濯で脱水をすると早く乾くからです!

この4つの工程で上履きは白くなりますよ! 是非、1度試してみて下さい!

まとめ

毎週小学生が持って帰ってくる上履き。

毎週、とっても汚れて帰ってきます。笑

できれば、楽に上履きが白くなってくれれば、

親としては楽ですよね!

今回紹介した方法であれば、慣れればサクッと上履きが綺麗になるので、

おススメです!

1度試してみて下さい!

参考になればとても嬉しいです!

関連記事を書きました。良かったらのぞいて見て下さい!

子供が小学生になって、元気よく靴を汚してくるようになりました。 小学生になって、歩いて学校にも行くようになって、 子供の靴が直ぐに真っ黒になります。 うちの子供は、メッシュタイプの靴が好きで、 メッシュタイプの靴をいつも履いて、小学校に行っています。 特に、底の部分やつま先がすぐに真っ黒になってしまうんですよね。。。

スポンサーリンク