海外旅行保険に幼児の子供のみ加入して海外旅行に行ったyokiの体験談!




海外旅行保険は我が家では海外旅行に行く時は幼児の子供には、

手厚く入るようにしています。

手厚くと行っても幼児の子供のみバラ掛けして手厚くする形。

我が家の息子は現在7歳です。

でも、過去3回子供と海外旅行に行った時は幼児でした。

とにかくわんぱくで怪我は日常茶飯事なので、

海外旅行保険には必ずバラ掛けしています。笑

そんな我が家の海外旅行保険に幼児の子供のみ入った時の

子連れ海外旅行のレポートを今回は紹介します!

スポンサーリンク

海外旅行保険に幼児の子供のみ加入で海外旅行に行って保険は使った?

答えは1度も使っていません!笑

お陰様で1度も海外旅行保険を幼児の子供のみだけバラ掛け加入しても、

海外旅行保険を使う事がなく無事に楽しく子連れ海外旅行を

楽しんでいます!

ですが、1度だけ海外旅行保険が使えるのかどうか!?

電話で確認したことはあります。

結局、海外旅行保険の対象にならなかったので、

海外旅行保険を使う事はなかったのですが。。。

スポンサーリンク

海外旅行保険会社に旅行中に保険に適用されるか聞いた内容は?

私が海外旅行中に保険会社に保険が適用されるか?

どうかを聞いたい内容は、

ズバリタブレットの紛失でした!!!

まだ買って1年もしないタブレット。。。

それは、タイに旅行に行っていた時の帰りの時です。

タイの出発地の空港の待合室で

当時幼児だった息子がタブレットを見ていたんです。

そして、搭乗時間になり機内に乗り込み、

飛行機のシートベルトを外しても良い時に、

「タブレットがない!」事に私が気づきました!

そこからはもう大慌てです!!!

飛行機に搭乗する時は幼児の子供の無事しか確認せず、

タブレットの事は頭に私も、夫もなかったんです。

幼児の息子に聞くと、待合室の椅子に置いてきたというのです。。。

まさに顔面蒼白でした!!!

直ぐに客室乗務員さんに

「タブレットを待合室に置いてきたので、なんとかならないですか?」と

聞きました。

客室乗務員はさんは現地の空港のスタッフに連絡をとってくれて、

確認してくれましたが、答えは「タブレットはなかった。」との

あっさりした返事が。。。

注意をしていなかった私達両親も悪いのも良くわかっていたのですが、

なかなか諦めきれずにいた私に、

客室乗務員さんは出発地の空港の電話番号をくれて、

掛けると良いと教えてくれました。

SIMフリーのスマホを持っていたわけではないので、

電話を掛けれる手段はskypeのみ。

skypeクレジットがあったのが不幸中に幸いでした!

バンコクの空港はwifi freeで3時間ネットが使えます。

skypeでタイの出発地の空港にかけるものの、

話し中で全く通じない。

そこで、駄目もとで海外旅行保険会社にskypeを使って電話をしました。

タブレット紛失事態は適用になるが、

荷物の紛失には現地の警察の証明書がどうしても必要とのこと。

気持ちの良い対応をしていただきました!

ですがバンコクの国際線の待合室には警察署はありません。

1度待合室から出て警察署に行く事も考えたのですが、

日本行の出発時間まで約1時間です。

警察署まで行っている時間はないので、

私達はタブレットを諦める事にしました。。。

こればかりは、仕方ないですね!

今では良い思い出です!笑

まとめ

海外旅行保険に幼児の子供だけ加入しておいて

本当に良かったです!

怪我だけではなくて、荷物の紛失もカバーしてくれるので安心です!

そして、ピンチの時に相談できる相手がいる事は

本当にありがたいですし、安心できます!

人と話すと一旦冷静に戻してくれるので、

海外旅行保険に幼児の子供だけでも加入してみるのも、

私はお勧めします!

参考になればとても嬉しいです!

Buen viaje!

関連記事を書きました。良かったらのぞいて見て下さい。

我が家の息子は小学2年生です。来年の海外旅行に向けて、パスパートの切替をしようと思っています。ですが、問題が1つある事を発見!それが、パスポートの署名をどうするか?小学2年生なので、名前はひらがなで書けるのですが、ひらがなだと長くなってしまって、

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする