雨の日の濡れた靴を乾かす簡単な方法はある?濡れた時の臭い対策も紹介!




雨に濡れた時の靴って履いていると感触が気持ち悪いですよね?

おまけに、靴が雨に濡れると、靴から臭いがする時があります。

小学生の子供の靴もそうなんです。

そして子供って、同じを靴を次の日も履きたがるので困ります。笑

なので、濡れた靴を清潔に早く乾かすために、

今回は、雨に濡れた靴を簡単に乾かす方法と、

雨に濡れた時の靴の臭いの対策方法を紹介します!

雨の日の濡れた靴を簡単に乾かす方法は?

雨の日の濡れた靴を簡単に乾かす方法を3つです!

それぞれ説明していきますね!

1:新聞紙を使う!

雨の日の濡れた靴を乾かすのに、

新聞紙はとっても役に立ちます!

新聞紙がなぜ水分を吸収するのに役にたつかというと、

新聞紙の文字のインクが水を含むと、界面活性剤の役割をしてくれて、

水分を早く吸収してくれるんです!

なので、雨の日の濡れた靴に新聞紙を入れると、

水分を吸い取ってくれて早く乾きます!

こまめに新聞紙を変えると、翌日には乾いていますよ!

2:新聞紙+ドライヤーを使う!

私はより早く濡れた靴を乾かしたい時には、

濡れた靴に新聞紙を入れて、ドライヤーを当てちゃいます!

靴が乾くまでドライヤーをあてていないといけないという、

デメリットはありますが、

靴を乾かす為だけに、浴室乾燥も使うのも電気代がもったいなくて、

お手軽な、新聞紙とドライヤーを当てるようにしています。

完全に乾かすのではなくて、ある程度乾いたなと思ったら、

後は新聞紙を替えて放置していますが、

翌日にはちゃんと濡れた靴は乾いていますよ!

3:最後の手段はコインランドリー!

本当に急いでいて、完璧を求める時は、 勇気を出して、笑

コインランドリーにある 靴の乾燥機に行きます!

その時は、せっかく乾燥機に行くので靴を洗ってから、

コインランドリーの靴専用乾燥機に行きます!

料金は、20分約100円位が相場です。

場所によって色々金額に変動があると思いますが、

ちゃんと乾くので本当に急ぎの時はとっても便利ですよー!

雨でぬれた時の靴の臭い対策は?

  • バケツに熱めのお湯を入れて酸素系漂白剤を入れて浸ける!

雨でぬれた時の靴って何か臭いますよね!

私は、雨でぬれた時の靴の臭いも気になります!笑

靴の中にも雑菌はいるので、その雑菌が臭いの原因です!

なので、1番てっとり早く臭いをとるのは、

バケツに熱めのお湯を入れて、酸素系漂白剤を入れてとる靴を浸して置くことです!

雨に濡れた靴を浸して置く時間は、1時間~2時間ぐらいが良いです。

お湯の温度は、私は大体40度位にしています!

靴を浸けて待つ時間は掛かってしまいますが、

1番速攻性がある、靴の臭いの取り方です!

是非1度試してみてください!

まとめ

雨が降ると靴からの臭いが気になるのは私だけでしょうか?笑

でも、そんな時は私は今回紹介した方法で、

雨でぬれた靴を乾かしています!

面倒な時は、乾かすのだけするようにしています!

翌日には靴は乾いているので、

是非1度試してみてくださいね!

参考になればとても嬉しいです!

Que tenga buen tiempo!

関連記事です。良かったらのぞいて見てください。

小学生に子供が上がって登校する時が雨だったら、親としては、少しでも濡れないように、心配ですよね? 我が家の息子は保育園だったので、送り迎えが当たり前だったので、息子が小学生になって登校する時が雨だと、 最初、「どうするのがいいの?」「どんな工夫をしているの?」と気になりました。