誰でもできる!おにぎりの上手な握り方は?三角形にするには?




おにぎりって簡単に作れる便利な万能料理です!

ですが、色々コツがあるんですよね。

私はおにぎりを良く子供に良く作るのですが、

いまだに上手く握れません。

良くおにぎりを握っているのですが、

ご飯粒がボロボロ落ちてしまう事が良くあるんです。

ご飯粒がもったいない気がするんです。

今回は、誰でもできる!おにぎりを上手に握る方法と、

三角おにぎりの上手な握り方を紹介します!

誰でもできる!おにぎりの上手な握り方とは?

私がおにぎりを上手に握る時のポイントは3つです。

それぞれ説明していきますね!

1:ご飯の量を多すぎないようにする!

おにぎりを握る時は、

ご飯の量が多すぎると上手く握ることができません。

ご飯の量が多すぎると、

おにぎりを握っている時に崩れたり、

ご飯粒がボロボロ落ちてしまうんです。

なので、私はおにぎりを作る時には、

子供用のお茶碗の量でおにぎりを握るようにしています。

その方が、おにぎりも握りやすいし、

おにぎりの形も綺麗にできますよ!

おにぎりを握る時は、ご飯の量にも気をつけて下さいね!

2:両手に水と塩をつける!

私は両手に水と塩をつける時は、

手を先に濡らしてから、塩を手につけるようにしています。

この時に気をつけるのが、手につける水の量です。

手に水分がありすぎると、

ご飯粒がボロボロ落ちてしまうし、

逆に少なすぎると、ご飯粒が手につきすぎてしまうんです。

この微妙な手につける水の量が本当に難しい!!!

なので私はおにぎりを握る時は、

ボールに水を入れて握るようにしています。

そして、手に水をつけたら1回パンと手をはたくようにしています。

そうすると、微妙な水分量になって良いですよ!

塩加減ですが、これもまた本当に難しくて、

塩加減も好みが色々あります!

なので、塩加減は慣れるまで、「ひとつまみ」から塩加減を練習するといいと思います。

塩も手につけないとご飯粒が手について上手く握れないので、

塩もつけてくださいね!

3:ご飯は熱い方がにぎりやすい!

おにぎりを握る時は、ご飯の温度も大事なんですよね。

ご飯が冷えてしまうと、ご飯粒がボロボロになるし、

ご飯が熱すぎると、熱くておにぎりを握りません。

なので、ご飯がちょっと熱いぐらいの温度で握るのがベストです。

これもまた、自分でお好みで温度も調節するしかないので、

自分で手でご飯を触って、おにぎりが握れそうな熱さになったら

おにぎりを握ってくださいね!

簡単な三角おにぎりの上手な握り方は?

三角おにぎりの形するのも、色々な方法があります。

私が選んだ簡単な三角おにぎりの上手な握り方のポイントは2つです!

それぞれ説明していきますね!

1:三角おにぎりの型を使う!

平日に子供がお弁当が必要な時は、

三角おにぎりの型を使って私は握っています!

正直これが1番簡単に綺麗な三角おにぎりを作る事が出来ちゃいます!

三角おにぎり型は100円均一で私は買いました!

家族に人数にもよるのですが、

私は早くおにぎりを平日は作りたいので3つ持っています。

三角おにぎりの型もありすぎると、

邪魔になってしまうので、

数個あると三角おにぎりを短い時間で

作る事ができるのでとっても楽ですよ!

2:ラップを使う!

ラップも使うのも手です!

ご飯粒が手につかないし、ご飯粒がボロボロ落ちないので、

ご飯粒も無駄にならないです!

ラップにご飯をつつんで具を入れて握るだけなので、

ご飯の熱さも軽減されるので、

三角おにぎりもとっても作りやすいです!

動画も見つけたので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみに、私はこのやり方で三角おにぎりを握っています!

三角おにぎりが上手に握れますよ!

まとめ

おにぎりって簡単だけど、奥が深いです!笑

でも、今はおにぎりの型もあるので、

三角おにぎりもサクッと作れるようになりました!

素手で握る時は本当におにぎりを作る事に

慣れることですよね!

素手でも三角おにぎりの型を使っても、

どちらも美味しいおにぎりが作れるのが1番です!

ぜひ、試してみてくださいね!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good day!