5分でわかる!タイのリペ島へフェリーで行く方法。




タイの最南端にあるリペ島。

マレーシアよりにあるので、マレーシアのランカウイからも

タイのリペ島に行く事ができます。

勿論、タイからもリペ島に行く事が可能です。

ここではどのようタイのリペ島へフェリーで行くのかという方法を紹介します。

どのようにタイのリペ島行きのフェリーを調べる?

私は、日本からタイ経由でもリペ島に行った事もあります。

そして、マレーシアのランカウイからもリペ島に行った事があります。

この2つを利用してみて私は、

ランカウイからリペ島に行く方が簡単でスムーズなのでお勧めします!

タイのリペ島行きのフェリーの調べ方ですが、

やはり、インターネットで先に調べておくこと。

現地に着いても不安にならずに済みます!

タイのリペ島に行くの為のフェリー情報を簡単に知るには、

リペ島での滞在先のホテルのホームページを見る事です。

これが1番に簡単でわかりやすいです!

私が調べたホームページを持っている滞在先では、

半数以上が「How to get to koh lipe?」という感じで、記載がありました。

そこをクリックしてみます。

英語で記載にはなりますが、翻訳アプリなどを使って理解して下さいね!

そこに、リペ島に着く為のフェリー情報が満載です。

そこの書かれている事は、

  • リペ島に行くフェリー情報
  • 発着港
  • 時刻
  • フェリー会社
  • 発着港まで行く方法 etc…

そして、この情報を元にインターネットで検索していきます。

ここで1番簡単なのは、フェリー会社のホームページを見る事です。

フェリー会社のホームページにはより詳しい情報が書いてありますし、

予約もできてしまいますので、簡単です。

私がお勧めするタイのリペ島までの行き方は、

マレーシアのランカウイ経由で行く行き方です。

リペ島までいくランカウイの港は2つあるのですが、

私は、その1つのクアジェッティという港で行きました。

スポンサーリンク

クアジェッティにした理由は、私の滞在先のホテルが、

フェリーも出していたからです。

なので、手続きも簡単だったので、クアジェッティの港にしました。

ランカウイのクアジェッティの港からタイのリペ島までは、

フェリーで1時間半です。

クアジェッティの港にはショッピングモールも近くあります。

コンビニもあるので、買い物にも困らないので、

フェリーを待っている間、コンビニに買い物も行けました。

利便性は非常に良いです!

フェリーは大き目で、トイレもあり、映画も流していてくれました。

予想以上にゆったりとフェリーで過ごせました。

リペ島近くになると、フェリーでは島まではいけないので、

ロングテイルボートに乗り換えます。

ここでロングテルボートに乗る為にフェリーの中で待ちます。

30分ぐらいは私は待ちました。

ここで注意する事は、リペ島に上陸する時に、

ロングテイルボートから降りる際に必ず濡れるので

サンダル、半ズボンなどの服装が良いです。

そして、タイのリペ島に上陸になります。

タイのリペ島のフェリーは予約した方が良い?

私はタイのリペ島に日本から行く時、

リペ島目的で行くのであれば、

フェリーは予約していた方が、楽だと思います。

リペ島を楽しむ為にもフェリーを予約して、

スムーズにタイのリペ島に到着する方が、

もっと楽しめます!

私は、リペ島に11月に行来ました。

フェリーは予約して行ったのですが、フェリーは往復満席でした!

予約は往復でも、片道でもできます。

行きの分だけ予約して帰りの分は現地で予約する事も可能です。

旅行のプランによっては、もっと滞在したくなったり、

タイの別の地域に行きたくなるかもしれません。

なので、片道だけの予約で、片道は現地で予約もありです。

もし、往復予約して復路の日付を変更をしたい場合は、

フェリー会社に相談する事も可能です。

実は、私はリペ島に到着した後、帰国日が早まる可能性がありました。

その時は、まだ未確定だったのですが、

復路のフェリーの予約が心配になって、

フェリー会社に相談をしましたら、

「大丈夫、フェリーの日付は変更可能です。」と

言ってもらえました。

結局、変更せずに済んだので良かったのですが。

もし、フェリーを予約して変更がある場合は、

フェリー会社のキャンセルポリシーを読み直して、

早めに連絡する事をお勧めします!

その方が、旅をもっと安心して楽しめますよ!

まとめ

タイのリペ島を楽しむ為に、

リペ島行きのフェリー会社のホームページを見て、

フェリーを予約してみてください。

それだけでも、タイのリペ島に行くテンションは10倍上がります。笑

この情報がお役に立つと嬉しいです!

良いリペ島の旅を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする