育児の寝不足の解消法を知りたい!誰でも乗り切る方法を伝授します!




とってもかわいい天使のようなわが子。しかし、育児中につきものなのはそう、寝不足!

寝不足で悩んでいるお父さんお母さんがほとんどでしょう。

私も出産後が寝不足で本当に悩んだし、辛かった!寝不足は切実な悩みです!

今回は、育児中どのように寝不足を乗り切るかについて、

私のおススメの育児中の寝不足解消方法と誰でもできる対策を紹介します!

育児中の寝不足の解消法って何がある!? 

育児中の寝不足で私も相当苦しみました!寝るのが趣味の私にとって死活問題でした!

そんな私がした、育児中の寝不足解消法を具体的に紹介します!

1:子供と一緒に寝る!

育児中って、「子供が寝ている間に家事を終わらせよう!」ってずっと私は考えていました。

子どもがいると、洗い物がすぐに溜まったり、部屋がすぐにめちゃくちゃになります。

子どもの機嫌によって、自分の時間も取れなければしたい家事も思うようには進みません。

そのため、始めは子どもがお昼寝をすると、せっせと溜まった家事を片付けていたのです。

子どもが昼寝から起きるころにはこっちはクタクタ…。

でも、子どもはお昼寝をして元気をチャージ。

余計にしんどくなってしまったのは言うまでもありません。

子供が寝ている間に家事をしていると、あっという間に時間が過ぎて、子供が起きるんです!

そして、また寝不足が続くんです。。。これだと、寝不足なのでイライラが増えて悪循環!

そんなことを保健師さんに相談すると、「子どもと一緒に昼寝したらいいのよ」、

「だって、子どもが起きていても家事はできるけど、子どもが寝ているときじゃないとお母さ

んも寝ることができないよ。」かなり目からウロコ!のアドバイスをもらいました!

本当にそうなんですよね!子どもが寝ているときだからこそできること。

それは、お母さんも眠ること!

家事も片付けも、子どもが寝ている時の方がはかどるけど、別に起きていてもできるんです!

でも睡眠だけは、子どもが寝ているときじゃなければできない!

ものすごく納得した私は、それから子どもが昼寝をすれば隣で一緒に横になり、

寝る事に集中するようになりました!そしたら、体が楽になって育児が楽になりました!

なので、こんな時は家事を放置して子供と一緒に寝ちゃいましょう!

 

2:子供を見てもらう!

子どものことを気にせず寝不足を解消するには…誰かに子供を見てもらうです。

これは本当に子供の事を心配しないで、寝れるので安眠ができます。

・両親や夫に子どもを見てもらう

・自治体の一時保育を利用する

・友人に見てもらう。

とにかく子どもを誰かに預ける方法がいいです。

一時保育は登録をして、保育園などで数時間預かってもらえます。

リフレッシュに利用する方も多いので、ぜひ一時保育に登録しておくのがおすすめ。

市役所の保健師さんなどに一時保育について確認してみてください。

私は元夫に子どもを見てもらって2時間ほど昼寝をさせてもらっていました。

その間、子どもは外に遊びに連れて行ってもらっていたので、

静かな空間でゆっくり手足を伸ばして眠ることができました。

頼れるときは家族にしっかり頼っていいのだと気づかされました。

でも、性格的に頼めなかったり、お金が掛かるのも気になる場合は、

子供と一緒に寝ちゃうのが1番です!

育児ってたまに疲れてしまって何もしたくないい時ってあるんと思うんです。その気持ち私は本当に良くわかります!なんせ私もそうだったんです!でも、そんな時って「育児に疲れた!」ってなかなか言えないんですね!

育児中になんと寝不足ならない対策はある?

育児中の睡眠不足って悪循環を生み、体のだるさや気力低下に繋がってしまいます。

そして、子育てにも支障が出てちゃいますよね!そこで対策を紹介していきますね!

1:昼寝を軽くする!

最近では大手企業や一般企業等でも仮眠の時間が作られていると知っていますか?

10分〜15分の軽い睡眠により午後への活力に違いが生まれるのです。

この10分から15分は自分の為の仮眠なので、赤ちゃんと一緒に寝るように

ガッツリ寝ないで臭いね!笑

この時に、横になって眠るのでなく、血圧や深部体温が下がらないように、

ソファに座ったまま行うと良いです。

しかし、要注意なのが15時以降に眠らないことです。

15時以降の眠りは夜間の眠りに影響を及ぼしてしまいます。

夜の授乳を除いても睡眠時間を7時間前後は欲しいですよね。

就寝時間なども調節してみてくださいね。

2:1日の家事の量を減らす!

育児中の寝不足っても家事はやらないと、誰でもやってくれないので、やりますよね!

とにかく、私も身内がいない分、「何でも自分でしなくちゃ!」精神で頑張っていました。

でも、実際は気持ちと体がついていかずに、家の中はグチャグチャデ逆効果でした。

そんな時に保健師さんに教えてもらったのが、

「家事の量を減らせばいいのよ!」の一言でした!育児と家事の両立に悩んでいた私には、

まさに目から鱗の一言でした!育児優先でいいんです!

そこからは、私は毎日する家事の量を減らしました!最低限の家事に変えたんです!

私の最低限の家事は、

  • ご飯づくり
  • 食器洗い
  • 洗濯
  • お風呂掃除

これに加えて、余裕がある時に床掃除や、部屋掃除を1つ追加にしました。

そしたら、家事も本当に楽になったし、寝る事にも集中する事ができて、

体が楽になったんです。かなりのプレッシャーを自分に掛けちゃっていたんですよね!

なので、私は家事の量も減らすことも絶対におススメです!

3:寝る前にはお風呂に入りましょう!

「夜の忙しいタイミング、お風呂なんて入ってる暇ない!」なんてこともありますよね。

しかし、眠りの質の向上のためにはお風呂に入り、湯船に浸かることも大切なのです。

赤ちゃんが眠る前にお風呂に一緒に浸かると思いますが、

自分も、寝る前に湯舟に浸かって体温を上げてください。

「赤ちゃんが心配で入れない!」という人もいると思います。

でも、手順をふめば赤ちゃんともお風呂に入ることができます。

①脱衣所に下着や服を用意しておく。

赤ちゃんが湯冷めしないように前もっての準備が大切です。お風呂上がりもスムースです。

マットやバスタオルの上に下着や服を用意し、

その上にもう一枚バスタオルを重ねておきます。すぐに体をふけ、着替えも簡単です!

②先にお母さんが髪や体を洗う。

ベビーバスチェアやマットの上に赤ちゃんを寝かせておき、

先にお母さんが髪や体を洗ってしまいましょう。

「待っててね」、「一緒に入ろうね」と優しく声かけをして

赤ちゃんを待たせている間も安心させて、あげてくださいね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リッチェル ふかふか ベビーバスW 空気漏れ対策版
価格:2508円(税込、送料無料) (2019/9/16時点)

 

まとめ

「産後だから寝不足なのは仕方ない!」と諦めないで、

ちょっとした工夫で負担が少なく、育児に集中できることってあるんですよね!

初めての育児だとなおさら悩む事が多いと思いますが、本当に困った時は、

市の保健師さんにどんどん相談しちゃいましょう!私は保健士さんに何度も救われています!

可愛い赤ちゃんと楽しい子育てになりますように!

Have a good day!