魚を子供が食べないので臭いを簡単にとる方法は?食べさせる方法はある?




我が家には小学生2年生の息子がいます。

魚の臭いが苦手で魚料理を作っている時から、

食べてくれないんですよね。

「魚は食べない!」と言われて困ってしまいます。。。

私は魚もお肉も良く食べています。笑

魚を食べない息子を見ると、

体は大丈夫か心配になってしまいます。

今回は、魚を子供が食べないので、

魚の臭いをとる方法と、

魚を子供に食べさせるポイントを紹介します!

スポンサーリンク

魚を子供が食べないので臭いを簡単にとる方法は?

魚が嫌いな子供にとっては、 魚の臭いがどうやら苦手らしいです。

ズボラな私ができた、魚を子供が食べない時にした、

魚の臭いの取り方のポイントは2つです。

それぞれ説明していきますね!

1:牛乳に約20分漬ける!

これは、レバーの臭いの取り方と一緒なのですが、

牛乳に浸けるだけなので、とっても簡単です!

タッパーに切り身の魚を牛乳が隠れるぐらいまで入れて、

冷蔵庫に約20分ぐらい浸けておきます。

これだけで、臭いがかなり軽減しますよ!

そして、料理をする時には切り身の魚を洗い流して、

キッチンペーパーで拭き取ります!

そして、魚を料理していきます。

ヨーグルトも代用できるので、

ヨーグルトも代用して使う時があります。

その時は、ヨーグルトの場合は1日魚を浸けておくと良いですよ!

ヨーグルトで代用する時は、魚の臭いをとるのに時間が掛かるので、

私は朝起きて直ぐに切り身魚を タッパーに入れて、

ヨーグルトを切り身が隠れるぐらい入れて、 冷蔵後に入れておきます。

そして、夕方、帰宅後に切り身魚を料理しています!

2:お湯で魚をくぐらす!

私は、牛乳で魚を浸した後に牛乳を拭き取って、

更にお湯で切り身の魚を熱湯に軽くくぐらせて、

臭いをとっています!

フライパンや、お鍋でお湯を沸かして、

さっと切り身の魚をくぐらせます。

ここまですると、かなり魚の臭いが軽減できるので、

子供も「魚臭い!」と言わなくなりました!

そして、お湯でくぐらせた魚をキッチンペーパーで拭き取って料理します!

この2つ工程をすると一緒にすると時間はかかりますが、

魚の臭いが軽減するのでとってもいいですよ!

料理していても、魚臭くリビングがならないのでとっても快適です!

スポンサーリンク

魚を子供に食べさせる方法はある?

私が子供に魚を食べさせる方法として子供にしたポイントは3つあります。

それぞれ説明していきますね!

1:子供が食べやすい料理にする!

私は子供に魚を食べてもらうには、

子供が食べやすい料理から始める事にしました!

我が家の息子は唐揚げがとっても好きなので、

唐揚げに近い味の物からスタートしようと考えました!

私が参考に作った料理です。

https://cookpad.com/recipe/323562

魚の唐揚げを作ったら、

子供が思った以上に文句も言わず食べてくれました!

少しづつでも、食べてくれたので感動しました!

なので、お子さんが好きな味付けから魚を食べさせるのがいいと思いますよ!

2:魚の骨をとる!

我が家の息子が魚を食べない理由としては、

「魚に骨があるのが嫌だ!」といいます!

なので、私は魚料理をする時はできるだけ骨がない切り身魚を使うようにしています。

勿論、魚に骨がある時もあるので、

その時は、仕方がないので前処理段階で魚の骨を取るようにしています。

魚の骨をとるのはとっても面倒なので、

できるだけ骨が少ない切り身魚からスタートしてみてください!

骨がないとわかると安心して子供も食べてくれますよ!

3:調味料をプラスする!

せっかく魚を子供に食べて欲しくて作った料理も

子供に拒否される事があります!笑

その時は、私は子供にマヨネーズかケチャップを選ばせて、

魚料理につけて食べさせています。

これは本当に最終手段で使っています。笑

子供も好きな味だとわかると文句も言わず食べてくれるんですよね!

なので、最悪子供が魚料理を食べてくれない時は、

調味料をプラスする事もありです!

まとめ

魚もカルシムが一杯なので積極的にとって欲しいですよね!

魚を食べれる子供は穏やかに育つとも言われています。

なので、私は週1でも子供に魚料理を食べさせるようにしています。

今回紹介した方法をとってから、

子供も少しづつですが魚料理に抵抗が薄れてきたかなって

感じています。

是非1度試してみて下さい!

参考になればとても嬉しいです!

Que tenga buen dia!

スポンサーリンク