除菌シートのノンアルコールの効果はどんな感じ?気になる使い方も紹介!




除菌シートってサッと使えるのでとても役に立ってくれますよね!

特に小さな子供がいると、手軽に使えるので育児の必需品でもあります。

でも、除菌シートってノンアルコールの物もるし効果が気になりましょね!

「除菌シートのアルコールとノンアルコールの違いってなんだ?」って思ったりしませんか?

今回は、そんな素朴な疑問、除菌シートのノンアルコールの効果と、

除菌シートのアルコールとノンアルコールに違いについてまとめました。

除菌シートのノンアルコールの効果はどんな感じ!?

除菌シートのノンアルコールの効果って使っている人は気になりますよね!

では、除菌シートのノンアルコールの効果を具体的に説明しますね!

1:除菌効果はうすい!

除菌シートでノンアルコールの効果は、やっぱり除菌効果はアルコールが入っていない分

常勤という効果が期待できないんですね。残念ながら。

除菌に向いている、アルコール度数=エタノール濃度は70%~80%なんです。

なので、除菌シートのノンアルコールなので、除菌効果は少なくなっちゃうんです。

でも、がっかりしないで下さい!ちゃんとノンアルコールでも効果はあるんです!

2:でも、殺菌効果を発揮できる!

でも、せっかく買った除菌シートのノンアルコールの物でも諦めないで下さい!

除菌シートとしては、効果を発揮できなくても、殺菌効果を発揮する使い方があるんですよ!

その使い方とは、手を洗ってからノンアルコールの除菌シートで数回手を拭くです!

除菌シートのノンアルコールの物は、「ベンザルコニウムクロリド」、

「セチルピリジニウムクロリド」っていう殺菌成分が使われていることがあるんです。

なので、手を石鹸をつけて15秒洗う事を2回繰り返すことで、

手に残る菌を数個まで減らすことが出来るんです。

そして、きちんと手を洗った後に、このノンアルコールのシートで数回拭けば、

菌を殺菌してくれるってことなんです!

除菌シートのノンアルコール効果はここで現れるんですよね!

なので、除菌シートのノンアルコールを買っても使い方はあるので、

諦めないで使って下さいねー!

関連記事です。

最近は花粉症対策や風邪予防として毎日使っている人も多いのではないでしょうか。冬場は空気が乾燥するため、睡眠時に利用する場合も多くて「潤い成分の入った睡眠時専用のマスク」なども最近は売られていますね!

除菌シートのアルコールとノンアルコールの違いって何ですか?

除菌シートにもアルコールとノンアルコールの2種類ありますよね。

我が家でも、この2種類を使っています。違いについて説明します。

1:アルコールとはエタノールのこと!

除菌シートのアルコールとは、実はエタノールのこと!

エタノールはとっても除菌力が高くて、安全性も高い成分なんんです!

そして、手につけたり、拭いたりすれば、揮発性なので、

気体に変化するので扱いやすい除菌成分なんですね。

だから、除菌シートのアルコールタイプをつけた後は、

揮発性だからさっぱり感があるんですよね。

2:ノンアルコールはアレルギーがない人向け!

除菌シートのノンアルコールは、アルコールにアレルギー反応が出ちゃう人がいるので、

アルコールのアレルギー反応がある人や、赤ちゃん、敏感肌や、肌が乾燥している

人向け用なのが、ノンアルコールの除菌シートなんですね。

だから、エタノールがないぶん、除菌作用が期待が余りできないんですね。

でも、アレルギー反応がある人や、敏感肌の人にはとっても効果を発揮してくれるんです。

今、人気の除菌スプレーはこれですよ♪

 

まとめ

今回は除菌シートについて書きました。除菌シートは私は、海外旅行にも持っていきます。

なので、我が家には2種類いつも除菌シートを完備しています。

各家庭で使い方もそれぞれだと、思いますが、除菌シートの効果や違いがわかれば、

安心して使ってもらえると思います!健康第一です!

参考になればとても嬉しいです!Have a good day!