父の日のサプライズは小学生の子供と何ができる?手作りカードの作り方は!?




父の日が近くなってきました。

我が家では小学生の息子が1人います。

普段の私達の父の日の過ごし方は、定番ですが外食に行くです。

ですが、小学生の息子も字を覚えたり、絵を描けるようになったので、

今年はいつもの定番の外食ではなく、

父の日のサプライズを子供と一緒に何かをしたいと思いつきました。

今回は、父の日のサプライズを子供と一緒にする演出の仕方や、

手作りカードなどを紹介します。

スポンサーリンク

父の日にサプライズを小学生の子供と一緒に演出して喜ばせよう!

今、私が考えている父の日のサプライズを子供と一緒にできる演出は、
2つです。

●1つ目は父の日にサプライズ料理を小学生の子供と一緒に作る!

サプライズは料理を勿論、旦那さんが好きな物にします。

旦那さんが好きな物は、私がリストアップして、

子供と一緒に作れそうな簡単な物にします。

例えば、我が家ですと旦那さんは、シーフードが好きなので、

シーフードピラフと、マグロのサラダを私がチョイスします。

味付けは私がするとしまして、

ピラフに入れる野菜、マグロを子供に包丁で切ってもらいます。

我が家には子供用の包丁があるんです。

小学生になった息子が冬休み頃から、

包丁で食材を切るというお手伝いに興味をもったので、

1000円位の物を買ったんです。

マイ包丁はあるとテンションが上がるようで、

喜んでお手伝いしてくれるようになりましたよ!

なので、私が考えている父の日のサプライズは子供と一緒に料理をする事にしました。

子供との共同作業で楽しくて、

子供の自尊心もアップしておススメです!

父の日は、日曜日なるので、父の日のサプライズ料理の下準備は前日します!

日曜日に堂々作ってしまうと、バレしまうので、

日曜日するサプライズ料理は味付けだけするように、

土曜日にしてしまいます。

●父の日のサプライズ料理のデザートのクッキーも子供と一緒に作る!

父の日にサプライズ演出をしたかったので、

クッキーも作ってみようと思います。

クッキーは簡単にする為にホットケーキミックスを使って、

サクッと作ります。

出来上がったクッキーにチョコペンを使って、

文字や絵を小学生の子供に書いてもらいます。

チョコペンは100円均一で購入します。

ラッピングはデザートなのでしないで、

お更に並べてデザート感覚にしてみようと思います。

このクッキーも前日に準備します。

●父の日のサプライプレゼントの渡し方は、宝探しにする!

父の日の子供からサプライズプレゼントは

子供も楽しめるようにゲーム感覚で探してもらおうと思います。

子供もプレゼントを探している父親を見て、

ドキドキ、ワクワク感覚になって面白いと思います。

宝さがし形式になのですが、

子供から父親に言ってもらおうと思うので、

子供が好きなタイミングで伝えてもらおうと思います。

父の日に渡すカードの手作りを子供と一緒にしてみよう!

父の日に渡すカードを手作りを子供と一緒にしようと思います。

私の考えている父の日に渡す手作りのカードは2種類です。

●マッサージカードを父の日に手作りをしてプレゼントです。

旦那さんはマッサージが大好きです。

私には絵のセンスがないので、上手く書けないので、

枠組みはネットのテンプレートを使おうと思っています。

テンプレートは、「カードテンプレート」で検索すると、

色々みつかりますよ!

色塗り、文字は小学生の子供に書いてもらいます。

私は小学生の子供には3回分のマッサージカードを作ってもらう予定です。

お子さんと決めた方が良いと思います!

10回は我が家の息子には、「嫌!」と断られてしまいました。笑

●メッセージカードも父の日に手作りをしてプレゼントをします!

メッセージカードもさくっと枠組みはテンプレートを使おうと思っています。笑

文章や、色塗りは一緒に子供と考えてみようと思います。

文章を書くのは、子供にやってもらおうと思います!

カードの大きさは、我が家は一般的なハガキサイズにしようと思います!

ハガキサイズであれば、サクッと家にあるプリンターで枠組みを印刷できるからです!

まとめ

父の日のサプライズ準備を子供と一緒にするのは、

1日で全部するのは、小学生の子供には難しいかもしれないです。

我が家の子供は直ぐに飽きるので。笑

なので、私は2週にわけて準備をしようと思います。

最初に、マッサージカード、メッセージカードを作成して、

次の週にサプライズ料理にしようと思います。

参考になればとても嬉しいです!

Have a good time!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする