食パンの日持ちは冷蔵庫にいれたらどれくらい?いつでも美味しく食べよう!




購入した食パンは、どのようにして保存していますか?

スーパー等で買った大手メーカーのパン、個人店で買ったパン、色々と今はありますが、

せっかくなのでいつでも美味しく食べたいですよね。

そして、できるだけ長く、美味しく食べるためには、どういう保存が一番良いのでしょうか?

「パサパサになっておいしくない!」ということがないように、正しく保存しましょう!

今回は、食パンの日持ちをするための冷蔵庫での保存方法をまとめました。

食パンの日持ちは冷蔵庫にいれたらどれくらい?

実は、食パンはそもそも冷蔵庫に入れない方がいいです。残念な結果ですみません。

「食パンも日持ちさせるにはやっぱり冷蔵庫でしょ!?」って私も思っていたんです。

でも、違っていました!

実は、食パンをひもちさせるのに冷蔵庫に入れない方がいいんです!

食パンを買って日持ちさせるには、冷蔵庫には入れないで、

一定の低温が守られた環境であれば、1週間程はカビ等の心配なく食べられるんです。

実は、冷蔵庫って開け閉めが多く、冷蔵庫の温度変化の大きい環境なのです。

しかも冷蔵庫の温度は0~4度なので、この温度だとパンのグルテンが変化してしまって、

食パンが美味しくなくなってしまうんです。

パンのグルテンとは、パンをふっくらもちもちの役割してくれる物質です。

なので、冷蔵庫の温度の変化によってグルテンが影響を受けて、

「食パンが美味しくない。」という悲しい結果になっちゃうんです。

なので、食パンを日持ちさせたい時は、冷蔵庫ではなく、冷凍庫に入れましょう!

食パンの簡単な冷凍方法は?

食パンの簡単な冷凍方法を紹介します!

このひと手間かけると、美味しい食パンを冷凍保存できちゃいます。

  • 1.ラップで食パン1枚づつ包む。
  • 2.1の食パンにアルミホイルで1枚づつ包む
  • 3.フリーザーバッグにまとめていれる
  • 4.冷凍庫にGO!

冷凍庫は温度変化が少なく、食パンと水分や油分の変化も抑えてくれる環境なので、

長期保存に向いているんですよ。

アルミホイルをかぶせるのは、熱伝導性のよいアルミで、冷凍庫の冷気を食パンに集める、

集まった冷気を逃さないことができるので、さらに温度変化を小さくするためです。

冷凍庫に入れておき、正しく保存ができれば2週間はおいしく食べられます。

関連記事です。

毎日の朝ごはんは、パン派の我が家!食パンはいつも冷凍しています!忙しい朝、作るのも食べるのも簡単に済ませられるとってもありがたい食パン! でも、ふとした時に、考えてしまうののですが、「食パンを冷凍したのはいいけど、いったいトースターでは何分すればいいの?」

食パンの常温保存だったら何日くらいもつもの?

じゃあ食パンの常温保存だと何日もつのか?って疑問になりますよね。

ここでは目安になる食パンの常温の保存の何日もうのかを具体的に紹介します。

1:大手食品メーカーの食パンは約1週間が目安。

大手食品メーカー食パンは、徹底的に衛生管理された工場で、機械が製造していたり、

人が手作りしている場合よりもやはり雑菌等の繁殖も抑えられていますし、

保存料が添加されていることが多いので、常温でも寒い時期であれば1週間程日持ちします。

2:パン屋さんの食パンは当日か遅くても翌日まで。

人の手で作られている無添加の食パン等であれば、常温で食パンを置く場合は、

その日の内か次の日までに食べてしまうのが無難です。

「購入からはお早めのうちにお召し上がりください。」と案内しているお店も

多いと思います。味的にも、焼き上がったその日の内に食べてしまう方が、

もっちり、しっとりとした食感が楽しめるので、早め早めの食パンの消費がおすすめです。

「どうしても常温で置いておきたい。」という場合は、ラップで包み、密閉袋へ。

ラップは、できるだけぴっちりと、空気の通り抜けることがないように注意してくださいね!

時短になって美味しい食材はこれ♪

Oisix(おいしっくす)

まとめ

我が家は朝食は基本食パンです。なので、食パンが家にない日はありません。

そして、食パンが日持ちしてくれたら、お財布的にも本当に助かりますね!

そして、食パンの良い所は、冷凍保存もできちゃうのが強み!

なので、私は食パンはいつも2袋まとめ買いしちゃっています。

今回の食パンの冷凍保存をぜひ試してみてください!美味しく食パンが冷凍できますよ♪

参考になればとても嬉しいです!Have a good day!