空港にある自動化ゲートをチェックして長蛇の列をサクッと回避しよう!




最近、空港にある自動化ゲートがあるという事を知りました。

海外旅行に行く時、帰国した時、

入国管理局が時間帯によっては、長蛇の列の時があります。

私の主人は外国人なので、海外旅行に行った際は、

外国人用入国管理力を通るので、

また、ここが長蛇の列で待たされることがあります。笑

でも、この入国管理局の長蛇の列をサクッと回避ができるのが、

空港にある自動化ゲートです!

今回は、空港にある自動化ゲートをチェックして、

海外旅行に行くための方法を紹介します。

空港にある自動化ゲートをチェックして登録しよう!

空港に自動化ゲートというのが平成19年から導入されたんです!

詳しい内容は、法務省のページに書かれています。

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri01_00111.html

私が、この空港の自動化ゲートに興味深々なのは、

最新の物だ!と最新に弱い私は心が惹かれました!笑

そして、単純に並ばなくて良くなるからとっても楽!

時短だ!と感動したんです!

そして、絶対この空港の自動化ゲートの登録をしたいと思ったんです!

登録の仕方は法務省のページにも書いてあるのですが、

とても簡単そうです!

①まず最初にどこの空港に自動化ゲートがあるのか、チェックです。

私は成田空港の第2ターミナルで登録をする予定です。

②空港の中のどこに自動化ゲートがあるのかをチェックです。

成田空港の第2ターミナルだと、出国の時は

3Fのセキュリティーチェック後の出国審査場の両サイドに

受付カウンターがあることがわかりました。

もし、セキュリティーチェック前に済ませておきたい場合は、

3Fの北団体33番カウンター前にあるので、

セキュリティー前でも十分できます。

③自動化登録をカウンターでするのか?機械でするのかを決めます。

私は、受付カウンターが開いている時間内に、

空港内にいるので、受付カウンターで登録をしようと思います。

もし、待つようであれば勿論、機械でしちゃいます!

ここで、ポイントが1つあって、

自動化ゲートの申請用紙はダウンロードができるので、

自宅でプリントアウトして持っていくと、時短になりますよ!

「自動化ゲート PDF」と検索すると、でてきます!

私は、自宅で記入して当日、セキュリティーチェック前に、

登録を済ませようと思っています!

セキュリティーチェック後だと、なんだか焦って、

「ない!ない!」いいそうなので!笑

空港の自動化ゲートで注意しないといけないことは!?

  • パスポートは直ぐ出せるようにしておくとスムーズ!
  • パスポートが切れる度に登録になるので、パスポートが切れたら登録を忘れずに!
  • 海外旅行保険を使う可能性があれば、日本出国スタンプが必要になるので、

心配性な人は日本出国スタンプを押してもらいましょう!

  • 自動化ゲートを使うと、日本出国スタンプがないので、

旅行先の入国管理局で、「なんでスタンプがないの?」と聞かれる場合があるので、

ちょっと手間になるので、面倒な人はスタンプをおしてもらいましょう!

私は、面倒な人なのでスタンプを念の為に押してもらいます!笑

  • 12歳以下の子供の場合は、自動化ゲートの登録はできるけど、

指紋がまだ安定しない年齢なので、指紋認証が上手くできない可能性もあります。

なので、子連れ登録する場合は注意してみて下さいね!

まとめ

新しい物が大好きなミーハーの私です。

なので、3月に海外旅行に行く時は、

必ず空港にある自動化ゲートをチェックして登録してきます!

心配性もあるので、念の為に出国スタンプを押してもらいますが!笑

でも、自動化ゲートを登録をしておけば、

帰国時はサクッと次の行動ができるので、

時短になって助かります!

参考になればとても嬉しいです!

Have a good trip!

関連記事を書きました。良かったらのぞいて見て下さい!

我が家の息子は小学2年生です。来年の海外旅行に向けて、パスパートの切替をしようと思っています。ですが、問題が1つある事を発見!それが、パスポートの署名をどうするか?小学2年生なので、名前はひらがなで書けるのですが、ひらがなだと長くなってしまって、
子供のパスポートが年内で有効期限が切れるんです。そろそろ更新を考えている私です!その中でも気になるのが、パスポートの子供の写真!子供ってじっとしていられないので、写真の目線が本当に大変!でも、お店に行ってパスポートの写真をお願いすると、

https://yoki-travel.com/passportecase/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする